古川氏清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

古川 氏清(ふるかわ うじきよ、宝暦8年(1758年) - 文政3年6月11日1820年7月20日)は、江戸時代中後期の旗本、和算家。通称は吉次郎、吉之助。官位は従五位下、和泉守、山城守。字は珺璋(くんしょう)。不求と号す。子に同じく和算家の古川氏一がいる。

1759年家督を継ぎ、奥右筆などを務め、1811年に従五位下和泉守に叙任された。広敷用人となり文化13年(1816年)8月4日勘定奉行となり、文政3年(1820年)在職中に63歳で没した。墓所は東京都台東区池之端2丁目の東淵寺。法名は、温良院殿前城州刺史譲岳祖恭大居士。

算学は中西流を関川美郷に、久留島流を安井信名に、関流を栗田安之に学んで、至誠賛化流(三和一致流)を創立した。著書に「算籍」「円中三斜矩」等がある。

弟子に久保寺正久、志村昌義らがいる。大名の松平忠和にも算学を教えている。

著書[編集]

  • 「愛宕額答術解」(1780年)
  • 「饗応算法」(1782年)
  • 「古川氏算額論」(1784年)
  • 「円中三斜矩」(1798年)
  • 「算則」
  • 「側円求積明解」(1818年)
  • 「数学雑著招差審解」
  • 「風箏全書」

参考文献[編集]

  • 日本人名大辞典(講談社)