古川清蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
古川 清蔵
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県鹿児島市
生年月日 (1922-03-04) 1922年3月4日
没年月日 (2018-10-17) 2018年10月17日(96歳没)
身長
体重
170 cm
65 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 中堅手
プロ入り 1941年
初出場 1941年8月1日
最終出場 1959年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

古川 清蔵(ふるかわ せいぞう、1922年3月4日[1] - 2018年10月17日[1])は、プロ野球黎明期に活躍した元プロ野球選手外野手、1942年のみ捕手)。

来歴・人物[編集]

鹿児島商業学校卒業後、八幡製鉄を経て、1941年名古屋に入団。

1942年5月12日の対南海軍戦で川崎徳次からサヨナラ本塁打を放つ。5月24日大洋戦では、2点ビハインドの9回に野口二郎から同点本塁打を放っている。7月18日の対阪急戦では、捕手として出場し、西沢道夫ノーヒットノーランに貢献している。

第二次世界大戦で軍隊に召集されるも戦争終了後に復員し、1945年11月23日、戦後初のプロ野球試合となった職業野球東西対抗戦明治神宮野球場)に出場した。その後、中部日本に復帰するも、赤嶺昌志球団代表の解任を追って退団。1948年阪急ブレーブスへ移籍し、1950年には56盗塁を記録。1953年8月30日の対南海ホークス戦で延長戦の参考記録ながらNPBタイ記録の1試合7安打を記録[2][3]1959年に引退。

その後、妻(阪神大震災で死去)の父が伊藤勝吉調教師であった縁から、競馬評論家になり、サンケイスポーツにて予想コラムを書いていた[1]日本中央競馬会の「平成26年度顕彰馬記者投票名簿」に「会友」として名前が掲載されており、投票権を有していた[1]

2018年10月17日、兵庫県宝塚市内で老衰のため逝去。96歳没[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1941 名古屋
中部日本
中日
38 141 117 7 16 4 2 0 24 3 2 -- 5 -- 19 -- 0 22 -- .137 .257 .205 .462
1942 101 426 394 44 85 13 4 8 130 44 14 10 1 -- 31 -- 0 45 -- .216 .273 .330 .603
1943 80 354 303 38 59 8 1 4 81 20 13 4 4 -- 46 -- 1 36 -- .195 .303 .267 .570
1946 98 460 397 63 103 17 5 9 157 52 23 9 1 -- 62 -- 0 42 -- .259 .359 .395 .755
1947 108 468 411 72 96 18 3 11 153 44 25 10 5 -- 51 -- 1 43 -- .234 .320 .372 .692
1948 阪急 124 529 478 73 118 26 6 7 177 55 33 13 3 -- 44 -- 4 65 -- .247 .316 .370 .686
1949 107 462 416 72 121 25 3 11 185 63 25 9 1 -- 43 -- 2 38 -- .291 .360 .445 .805
1950 115 478 423 92 118 19 3 13 182 49 56 14 4 -- 48 -- 3 36 3 .279 .357 .430 .787
1951 93 342 308 42 74 12 1 5 103 24 23 14 7 -- 23 -- 4 32 5 .240 .301 .334 .636
1952 102 331 288 40 78 16 1 8 120 38 19 7 11 -- 30 -- 2 27 7 .271 .344 .417 .760
1953 120 495 460 67 131 20 7 6 183 56 33 9 11 -- 20 -- 4 42 13 .285 .320 .398 .718
1954 137 538 464 53 105 21 9 6 162 42 30 14 8 3 59 -- 4 62 5 .226 .319 .349 .668
1955 120 346 297 35 82 17 3 1 108 31 18 10 17 2 27 3 3 32 4 .276 .343 .364 .706
1956 126 481 426 49 107 12 5 3 138 47 31 18 11 5 37 0 2 51 6 .251 .314 .324 .638
1957 88 188 164 21 40 8 1 2 56 19 4 4 3 2 19 1 0 27 1 .244 .322 .341 .664
1958 84 269 244 20 60 9 1 2 77 24 17 7 2 0 19 0 3 33 7 .246 .308 .316 .624
1959 57 131 125 8 26 6 0 1 35 6 4 3 1 0 4 0 1 19 5 .208 .238 .280 .518
通算:17年 1698 6439 5715 796 1419 251 55 97 2071 617 370 155 95 12 582 4 34 652 56 .248 .321 .362 .684
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 名古屋(名古屋軍)は、1944年に産業に、1946年に中部日本に、1947年に中日(中日ドラゴンズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

記録[編集]

  • 1000試合出場:1953年5月16日(19人目)
  • 1試合7安打:1953年8月30日、対南海ホークス戦 ※延長戦での参考記録、1試合7安打はNPB記録

背番号[編集]

  • 24(1941年 - 1943年、1946年 - 1947年、1949年 - 1959年)
  • 12(1948年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “プロ野球創成期の強打者、古川清蔵さん死去 96歳…老衰”. サンケイスポーツ. (2018年10月18日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20181018/npb18101805010006-n1.html 2018年10月18日閲覧。 
  2. ^ 1949年に大下弘が9回までで記録。1試合7安打はこれまでに古川と大下の2例のみ
  3. ^ 週刊ベースボール2014年8月25日号97ページ

関連項目[編集]