古川照人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
古川 照人
ふるかわ てるひと
生年月日 (1971-08-03) 1971年8月3日(48歳)
出生地 大阪府狭山町(現・大阪狭山市
出身校 近畿大学商経学部
所属政党無所属→)
大阪維新の会→)
無所属

当選回数 2回
在任期間 2015年4月27日[1] - 現職

選挙区 大阪狭山市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月30日 -

Flag of Ōsakasayama, Osaka.svg 大阪狭山市議会議員
当選回数 2回
在任期間 1999年5月1日[1] -
テンプレートを表示

古川 照人(ふるかわ てるひと、1971年8月3日[2] - )は、日本政治家大阪府大阪狭山市長(2期)。元大阪府議会議員(2期)、元大阪狭山市議会議員(2期)。

来歴[編集]

大阪府狭山町(現・大阪狭山市)出身[3]。父親は大阪府議会議員だった[4]大阪府立狭山高等学校卒業[5]近畿大学商経学部卒業。

1999年(平成11年)4月の大阪狭山市議会議員選挙に初当選した。2003年(平成15年)、再選。2007年(平成19年)4月の大阪府議会議員選挙に無所属で出馬し初当選[6]。2011年(平成23年)の府議選は大阪維新の会公認で出馬し再選[7]

2015年(平成27年)4月19日告示、4月26日投票の大阪狭山市長選挙に無所属で立候補し無投票で初当選した[8]。4月27日、市長就任。

2019年(平成31年)、元市議の丸山高廣を破り再選。

寄付問題[編集]

古川の妻が、2018年10月13日から14日にかけて開催された秋祭りに於いて、だんじりを出した地区の会計担当者に対し現金を手渡していたことが明らかとなった。古川もその場に同席していた模様である。政治家が選挙区内で有権者に対し寄付することなどを禁じた公職選挙法に抵触する可能性があり、古川は「誤解を招きかねず、今後は改めたい」としている[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
公職
先代:
吉田友好
Flag of Ōsakasayama, Osaka.svg大阪府大阪狭山市長
2015年 -
次代:
現職