古川静夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
古川静夫

古川 静夫(ふるかわ しずお、1888年明治21年)8月1日[1] - 1967年昭和42年)5月27日[2])は、日本の内務警察官僚。官選県知事

経歴[編集]

鹿児島県出身。古川直衛の三男として生まれた[1]第七高等学校造士館を首席で卒業。1914年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1915年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業。内務省に入省し静岡県警部となる[1][3]

以後、静岡県引佐郡長、同県磐田郡長、同県産業課長、熊本県学務課長、兵庫県学務課長、京都府学務課長、栃木県書記官警察部長、福岡県学務部長、警視庁書記官・保安部長、同警務部長、同官房主事神奈川県内務部長などを歴任[1]

1934年11月、佐賀県知事に就任。警察部庁舎の新築、大水害への対応などに尽力[4]1937年7月、愛媛県知事に転任。戦時下の対策に尽力。1939年7月に知事を退任[1]。同年に退官し[3]結核予防会理事に就任[1]

戦後、大阪法務局長に就任[3]1947年10月、飯野海運監査役となり、さらに日本消防協会理事長[1]、結核予防会監事[2]を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新編日本の歴代知事』926頁。
  2. ^ a b 読売新聞』1967年5月28日朝刊、15面の訃報より。
  3. ^ a b c 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』211頁。
  4. ^ 『新編日本の歴代知事』1000頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。