古林喜楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古林喜楽(こばやし よしもと、1902年5月26日 - 1977年1月11日)は、日本経営学者

人物[編集]

岩手県一関市出身。兵庫県立神戸商業学校卒、神戸高等商業学校卒、1927年京都帝国大学経済学部卒、和歌山高等商業学校講師、28年教授、1932年神戸商業大学助教授、40年教授、44年神戸経済大学教授、1951年神戸大学経営学部教授、53年同大学長。同年「賃銀形態の研究」で神戸大経営学博士。66年定年退官、名誉教授、関西学院大学教授[1]広島修道大学短期大学部学長。日本学術会議会員。日本経営学会理事長。経営労務論研究のパイオニア[2]

著書[編集]

  • 『経営労務論』東洋出版社 1940
  • 『戦時労働と経営』甲文堂書店 1943
  • 『経営経済学』三笠書房 経済学全書 1950
  • 『賃銀形態論』森山書店 1953
  • 『教授・学長・学生』日本評論社 1967
  • 『経営労働論序説』ミネルヴァ書房 1967
  • 古林喜楽著作集』全9巻 千倉書房
第1巻 経営学原論 1978
第2巻 経営労務論 1979
第3巻 ドイツ経営経済学 1980.
第4巻 経営経済学 1980
第5巻 経営学の進展 1981
第6巻 経営学の思い出 1983
第7巻 労務論論稿 1984
第8巻 労使関係論 1985
第9巻 賃銀論 1986

共編著[編集]

  • 『講座現代経営経済学 第1 経営経済学本質論』三戸公共編 中央経済社 1970
  • 『日本経営学史 人と学説』全2巻 編著 日本評論社 1971-77

論文[編集]

脚注[編集]