古橋秀之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
古橋 秀之
(ふるはし ひでゆき)
ペンネーム 古橋 秀之
誕生 1971年????
神奈川県
最終学歴 法政大学社会学部
活動期間 1995年 -
ジャンル SF
主な受賞歴 第2回電撃ゲーム小説大賞・大賞
デビュー作ブラックロッド
公式サイト http://www14.plala.or.jp/funore/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

古橋 秀之(ふるはし ひでゆき、1971年 -)は、日本小説家SF作家神奈川県出身。

来歴[編集]

法政大学社会学部卒業。金原瑞人創作文芸ゼミ出身。秋山瑞人はゼミの後輩である。

漫画家も志望しており、大学卒業後はカプコンにグラフィック担当として入社。『バイオハザード』の初期開発に関わっていた。イラストレーターの前嶋重機は当時の同僚。

1995年、カプコン在籍中に執筆した『ブラックロッド』で第2回電撃ゲーム小説大賞・大賞受賞、小説家デビュー。

技巧的なパスティーシュを交えつつ、過去のサイバーパンクSF小説や武侠小説をよりコンピュータゲーム的なSFファンタジー小説として描く手法で、上遠野浩平秋山瑞人三雲岳斗らと共にライトノベルレーベルとしての電撃文庫の流れを作り、後進作家たちに強い影響を与えた。

小説での代表作は『ブラックロッド』『ブラッドジャケット』『ブライトライツ・ホーリーランド』の「ケイオス・ヘキサ」三部作、SF短編集『ある日、爆弾がおちてきて』など。

2010年代以降は、作家集団「GoRA」の一人としてオリジナルアニメーション企画『K』への参加、『僕のヒーローアカデミア』のスピンオフコミック『ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-』の漫画原作など、小説以外での活動が目立っている。

作品リスト[編集]

小説[編集]

『ブラックロッド』シリーズ[編集]

タツモリ家の食卓[編集]

  • タツモリ家の食卓 超生命襲来!!(2000年5月10日 電撃文庫 ISBN 4-8402-1519-7)
  • タツモリ家の食卓2 星間協定調印(2000年9月9日 電撃文庫 ISBN 4-8402-1613-4)
  • タツモリ家の食卓3 対エイリアン部隊(2001年1月10日 電撃文庫 ISBN 4-8402-1713-0)

超妹大戦シスマゲドン[編集]

その他[編集]

  • ソリッドファイター(1997年9月10日 電撃文庫 ISBN 4-07-306963-2)
  • サムライ・レンズマン(2001年12月18日 徳間デュアル文庫 ISBN 4-19-905092-2)
  • IX(2003年2月10日 電撃文庫 ISBN 4-8402-2276-2)
  • 蟲忍 ―ムシニン―(2004年3月18日 徳間デュアル文庫 ISBN 4-19-905146-5)
  • ある日、爆弾がおちてきて(2005年10月11日 電撃文庫 ISBN 4-8402-3182-6 / 2017年4月25日 メディアワークス文庫【新装版】 ISBN 978-4-04-892886-1)※新装版には短編「サイクロトロン回廊」追加収録
  • 冬の巨人(2007年4月10日 徳間デュアル文庫 ISBN 978-4-19-905157-9 / 2014年7月10日 富士見L文庫 ISBN 978-4-04-070243-8)
  • 龍盤七朝 ケルベロス 壱(2009年12月16日 メディアワークス文庫 ISBN 978-4-04-868219-0)
  • ガオポン! 不思議ナゾトキ迷走日記(2013年)※電子書籍のみ
  • 百万光年のちょっと先(2018年2月2日 JUMP j BOOKS ISBN 978-4-08-703444-8)

ノベライズ[編集]

斬魔大聖デモンベイン[編集]
  • 斬魔大聖デモンベイン 機神胎動(2004年7月31日 角川スニーカー文庫、ISBN 4-04-427808-3)
  • 斬魔大聖デモンベイン 軍神強襲(2006年8月1日 角川スニーカー文庫 ISBN 4-04-427813-X)
  • 斬魔大聖デモンベイン ド・マリニーの時計(2007年1月1日 角川スニーカー文庫 ISBN 4-04-427815-6)
その他[編集]

アンソロジー収録[編集]

漫画原作[編集]

アニメ[編集]

  • K(2012年) - 脚本(1・7・9話)
  • 劇場版 K MISSING KINGS(2014年) - 脚本
  • K RETURN OF KINGS(2015年) - 脚本(7・9話)
  • K SEVEN STORIES Episode 2「SIDE:BLUE ~天狼の如く~」(2018年) - 脚本

映像化[編集]

関連項目[編集]