古河電工アイスホッケー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古河電工アイスホッケー部(ふるかわでんこうアイスホッケーぶ)は、栃木県日光市にあったアイスホッケーの企業チームである。

概要[編集]

1911年古河電気工業日光事業所の前身である日光精銅所のアイスホッケー部として創設され、企業チームとして正式に認められたのが1925年。日本最古のアイスホッケーチームでもある。日本アイスホッケーリーグには1966年第1回大会から参加し、企業チームの枠を超えて、日光市民に愛される市民チームとして長年にわたり親しまれた。また古河電工においては古河電工サッカー部1991年にクラブチーム「東日本JR古河FC」に移行。現在の「ジェフユナイテッド市原・千葉」)とともに企業のシンボルスポーツという位置づけをなしていた。

しかし、不況による業績の悪化や合理化策の一環から、1999年のシーズンを最後にアイスホッケー部の活動を休止し、企業チームとしては90年近くの歴史に終止符を打ったが、その後市民が中心となってH.C.栃木日光アイスバックス(当初はHC日光アイスバックス)が設立され、引き続き日本リーグ→アジアリーグアイスホッケーに参戦し続けている。また日光事業所内にあった本拠地の古河電工アイスリンク2000年で閉鎖された。