古波蔵保好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古波蔵 保好(こはぐら ほこう[1]・やすよし[2]1910年3月23日 - 2001年8月30日[3])は、日本のエッセイスト評論家。妻は服飾評論家の鯨岡阿美子[1][3]

来歴・人物[編集]

沖縄県首里市(現・那覇市金城出身[1]沖縄県立一中卒業[要出典]東京外国語学校印語学科中退(1930年[4][1]1931年[3][4]、当時県域新聞社として発行していた沖縄日日新聞(後の沖縄日報)に記者として入社。1941年[1][4]大阪毎日新聞社に移籍し社会部記者、論説委員。

雑誌「マドモアゼル」の身上相談
カット:大塚清六(1960年)

1964年[1][3][4]に退社後はエッセイスト、評論家として、日本エッセイストクラブ賞を獲得した[1]『沖縄物語』をはじめ、沖縄県の歴史、文化・世相風俗、食などに関する著書を多数発表した。また、那覇市の沖縄料理専門店「美栄」(みえ)を主宰していた[5]

1972年には、第1回ベストドレッサー賞(学術・文化部門)を受賞している[1]

2001年8月30日、肺癌により91歳で死去[5]

著書[編集]

  • 『非常識夫婦論』ポケット文春(1963年、文藝春秋新社
  • 『航跡―日本人の記録』毎日ノンフィクション・シリーズ(1965年、毎日新聞社)
  • 『愛しはじめた人へ―心をとらえる愛の技法』大和人生文庫(1978年、大和書房
  • 『レディース街12番通り』(1978年、本郷出版社)
  • 『ステーキの焼き加減』(1979年7月、文化出版局
  • 『沖縄物語』(1981年4月、新潮社
  • 『男を磨くセンス』(1982年1月、大和書房)
  • 『磨かれた女にセンス・アップ』おいしいlife ing・・・(1982年12月、大和書房)
  • 『男の衣裳箪笥』新潮文庫(1983年1月、新潮社)
  • 『料理沖縄物語』(1983年1月、作品社
  • 『ステーキの焼き加減』(1983年4月、新潮社)
  • 『愛しはじめた人に―心をとらえる愛の技法』銀河ブックス(1984年1月、大和書房)
  • 『愛しはじめた人へ―心をとらえる愛の技法』(1986年7月、ダイワアート)
  • 『愛しはじめた人へ―心をとらえる愛の技法』Quality of life series―女性の本棚(1987年6月、大和書房)
  • 『老いの教訓―生き生き八十年』(1994年4月、講談社
  • 『航跡―造船士官福田烈の戦い』NF文庫(1996年2月、光人社
  • 『骨の髄までうまい話』(1997年6月、新潮社)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 読売新聞 2015年1月25日 よみほっと日曜版 「名言巡礼」
  2. ^ 古波蔵保好(こはぐら・やすよし)- 琉球新報(『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月)
  3. ^ a b c d 古波蔵保好(こばくら やすよし)とは - コトバンク(デジタル版 日本人名大辞典+Plus)
  4. ^ a b c d 古波蔵 保好(コバクラ ヤスヨシ)とは - コトバンク(20世紀日本人名事典)
  5. ^ a b 沖縄タイムス 2001年8月31日 朝刊 アーカイブされたコピー”. 2005年11月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2005年11月13日閲覧。