古湊通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 中央区 > 古湊通

古湊通(こみなとどおり)は兵庫県神戸市中央区町名。現行行政地名は古湊通一丁目及び古湊通二丁目。郵便番号650-0026。

地理[編集]

旧・生田区西端南寄りに位置する。商業地域。北と東の北半は中町通、東の南半と南は相生町、西は兵庫区新開地に隣接する。

歴史[編集]

明治5年(1872年)に坂本村の一部から成立。明治4年鉄道敷設の際に旧・福原町・相生町の住民の移転先として神戸・兵庫間に市街地が造成され、翌年旧字名の古湊から命名された。最初一~四丁目まで。

最初兵庫津(明治5~7年の間一番組)、明治12年(1879年)より神戸区、明治22年(1889年)より神戸市、昭和6年(1931年)より同市湊東区、昭和20年(1945年)より同市生田区、昭和55年(1980年)より同市中央区に所属。

  • 明治7年(1874年)、坂本村・宇治野村・兵庫町の一部を編入。
  • 昭和20年(1945年)、区制の再編成の際、一・二丁目が生田区、三・四丁目が兵庫区西古湊通となる。西古湊通は昭和49年(1974年)新開地が正式な町名となった際にその一部となった。
  • 昭和55年(1980年)、相生町一~五丁目・中町通一~四丁目と境界変更。

人口統計[編集]

  • 平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数523、人口803、うち男性415人、女性388人[1]
  • 昭和63年(1988年)の世帯数239・人口545[2]
  • 昭和35年(1960年)の世帯数35・133人口[2]
  • 大正9年(1920年)の世帯数564・人口2,787[2]
  • 明治25年(1892年)の戸数571・人口2,488[2]

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1988
  3. ^ 『日本紳士録 第35版』神戸ツ、テの部99頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • 交詢社編『日本紳士録 第35版』交詢社、1931年。
  • 『神戸の町名 改訂版』 神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6。
  • 角川日本地名大辞典 28 兵庫県』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三、角川書店、1988年。ISBN 978-4040012803。