古田孝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古田 孝之(ふるた たかゆき、1935年1月8日 - 2016年6月27日)は、日本数学者理学博士

福島県いわき市生まれ。福島県立平工業高等学校東北大学を卒業後、茨城大学弘前大学東京理科大学を経て、弘前大学名誉教授。叙従四位[1]

1987年にレウナー・ハインツの不等式の拡張である古田不等式を確立、作用素論における作用素不等式の発展に大きく貢献した。わずか1ページ、24行の論文は「短編の珠玉編」と称えられた[2]

受賞歴[編集]

  • 2001年 - 日本数理科学協会英語版国際学術賞

主な著書[編集]

  • Invitation to linear operators. From matrices to bounded linear operators on a Hilbert space. Taylor & Francis, Ltd., London, 2001. x+255 pp. ISBN 0-415-26799-4.
  • 『線形作用素への誘い―行列からヒルベルト空間上の有界線形作用素へ』 (培風館、2001年)
  • 『もっとMathematicaで数学を』 (培風館、2002年)
  • 『明解講義 微分方程式』 (培風館、2002年)

参考文献[編集]

  1. ^ 『官報』6830号、平成28年8月3日
  2. ^ 一松信 『微分積分学入門〈第4課〉』 (近代科学社、1991年)