古田敦也のプロ野球ベストゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
古田敦也のプロ野球ベストゲーム
ジャンル ドキュメンタリー番組
出演者 司会:古田敦也
製作
制作 NHK(放送波はBS1
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
パイロット版
放送期間 2013年5月3日
放送時間 22:00 - 22:50
放送分 50分
レギュラー版
放送期間 2013年11月8日 - 2014年3月14日
放送時間 金曜 23:00 - 23:45
放送分 45分
テンプレートを表示

古田敦也のプロ野球ベストゲーム』(ふるたあつやのプロやきゅうベストゲーム)は、NHK BS12013年に放送を開始した日本プロ野球ドキュメント番組である。

概要[編集]

日本プロ野球は1934年大日本東京野球倶楽部(現・読売巨人軍)が設立されて2014年に満80周年を迎える。そこで、過去80年にわたって繰り広げられたプロ野球の試合の中から、歴史的な名勝負にスポットライトを当てる。番組の冠である野球評論家古田敦也がその名勝負の数々について分析、選手の心理や勝負のポイントを「打者」「捕手」「監督・指導者」の3つの視点から洗い出す。またその試合の当事者やファンなど関係者にもインタビューを行う。

放送日時[編集]

2014年1月から2月中旬までは、「ソチオリンピック」関連の事前番組「スポーツトライアングル・ソチ編」及び中継のため休止。

2014年度は「プロ野球80周年記念特別編成」(12月に実施)に合わせる形で、2013年度に放送したベストゲームの視聴者アンケートを基に、上位4試合を随時再放送する。

取り上げた試合[編集]

対象の試合の球団名・球場名は試合開催当時のもの。(再)=2014年に行った「あなたが選ぶベストゲーム」で上位にランキングされた試合のアンコール放送日。

放送日 サブタイトル 取り上げた試合 当事者 ゲスト
00 2013年5月3日 阪神バックスクリーン3連発 1985年4月17日「阪神対巨人」(阪神甲子園球場 掛布雅之岡田彰布ランディ・バース槙原寛己 遠藤章造糸井重里
01 2013年11月8日
(再)2015年1月16日
10.8決戦 1994年10月8日中日対巨人」(ナゴヤ球場 桑田真澄今中慎二大豊泰昭  加藤晴彦徳光和夫
02 2013年11月15日
(再)2014年12月28日[1]
悲劇のダブルヘッダー(10.19 1988年10月19日ロッテ近鉄」(川崎球場 阿波野秀幸高沢秀昭  ピエール滝里見まさと
03 2013年11月22日 “盟主”を射止めた情報戦 1987年の日本シリーズ・「西武対巨人」(西武ライオンズ球場後楽園球場 伊原春樹篠塚和典  松崎しげるヨネスケ(桂米助)
04 2013年11月29日 IDとギャンブルの逆襲 1993年の日本シリーズ・「ヤクルト対西武」(明治神宮野球場・西武ライオンズ球場) 野村克也石毛宏典 周防正行今野浩喜
05 2013年12月6日
(再)2014年12月12日
負けないエース・涙の理由 2006年のパリーグプレーオフ・「日本ハムソフトバンク」(札幌ドーム 斉藤和巳白井一幸 博多華丸蛍原徹
06 2013年12月13日
(再)2015年3月13日
代打男・奇跡の優勝弾 2001年9月26日「近鉄対オリックス」(大阪ドーム 北川博敏大久保勝信 キダ・タロー岡田圭右
07 2013年12月20日 「型破り」で日本一を目指せ 1998年の日本シリーズ横浜対西武」(横浜スタジアム、西武ドーム球場) 権藤博 やくみつるゴルゴ松本
08 2014年2月28日 幻のスピードスター 一瞬の輝き 1993年6月9日「ヤクルト対巨人」(石川県立野球場 伊藤智仁、篠塚和典 春風亭昇太大友康平
09 2014年3月7日 赤ヘル軍団 炎の絆 1991年10月13日広島対阪神」(広島市民球場 大野豊達川光男 千秋風見しんご
010 2014年3月14日 楽天 栄光への敗北 2009年のパリーグCS(札幌ドーム)「日本ハム対楽天」 野村克也、梨田昌孝嶋基宏 伊集院光サンドウィッチマン
011 2015年3月20日[3] 近鉄優勝・ブライアント4連発 1989年10月12日「西武対近鉄」(西武ライオンズ球場・ダブルヘッダー ラルフ・ブライアント大石大二郎伊東勤 宮川大助小木博明

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 19:00 - 19:45。
  2. ^ http://www.nhk.or.jp/bs-blog/100/211397.html
  3. ^ 「あなたが選ぶベストゲーム」のアンケートで、放送されなかった「その他に見てみたい試合」の中からセレクトしたもの[2]