古石場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 江東区 > 古石場
古石場
古石場の位置(東京23区内)
古石場
古石場
古石場の位置
北緯35度39分59.43秒 東経139度48分2.83秒 / 北緯35.6665083度 東経139.8007861度 / 35.6665083; 139.8007861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Koto, Tokyo.svg 江東区
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 5,285人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
135-0045[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

古石場(ふるいしば)は、東京都江東区町名。現行行政地名は古石場一丁目から古石場三丁目。住居表示実施済み区域。郵便番号は135-0045[2]

地理[編集]

江東区東部に位置し、深川地域に属する。北で牡丹、東で木場、南から西にかけて越中島と接する。西から一・二・三丁目が置かれている。典型的な東京の下町で主に住宅地として利用される。町内のほとんどがに囲まれている。江戸時代埋立地を主とするが、三丁目1番付近は戦前枝川改修工事の3号埋立地である。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、古石場1-10-5の地点で45万3000円/m2となっている[4]

歴史[編集]

江戸時代に埋め立てられた埋立地である。深川海辺新田飛地古石場、久左衛門新田飛地古石場、亀戸村飛地古石場を1891年明治24年)に統合して深川古石場が新設されている[5]

地名の由来[編集]

江戸幕府の石置場が置かれていたため[5]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
古石場一丁目 680世帯 1,435人
古石場二丁目 1,084世帯 2,402人
古石場三丁目 678世帯 1,448人
2,442世帯 5,285人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
古石場一丁目 1~7番 江東区立臨海小学校 江東区立深川第三中学校
その他 江東区立数矢小学校
古石場二丁目 全域 江東区立平久小学校
古石場三丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

町域の西辺を都営地下鉄大江戸線が通っているが駅は設置されていない。東京メトロ東西線・都営大江戸線門前仲町駅、東京メトロ東西線木場駅JR東日本京葉線越中島駅が利用できる。

道路[編集]

施設[編集]

一丁目
二丁目
  • 古石場図書館
  • 古石場文化センター
  • 古石場保育園
  • 古石場二丁目児童遊園
  • 二社神社
三丁目
  • 古石場三丁目公園
  • 石浜橋児童遊園

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 世帯と人口(毎月1日)”. 江東区 (2017年12月1日). 2017年12月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ a b 江東区の地名由来 江東区
  6. ^ 区立小学校の通学区域”. 江東区 (2019年4月4日). 2019年8月30日閲覧。
  7. ^ 区立中学校の通学区域”. 江東区 (2019年4月4日). 2019年8月30日閲覧。