古舘寛治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「たち.jpg寛治」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
ふるたち かんじ
古舘 寛治
生年月日 (1968-03-23) 1968年3月23日(52歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府堺市
身長 174 cm
血液型 AB型
ジャンル 俳優
活動内容 テレビドラマ映画舞台
配偶者 あり
事務所
公式サイト 古舘寛治|アーティスト一覧|空-KU-
主な作品
テレビドラマ
リーガルハイ
ごちそうさん
植物男子ベランダー』シリーズ
逃げるは恥だが役に立つ
アシガール
宮本から君へ
いだてん〜東京オリムピック噺〜
コタキ兄弟と四苦八苦
映画
南極料理人
歓待
マイ・バック・ページ
ミツコ感覚
キツツキと雨
シャニダールの花
受難
ほとりの朔子
マエストロ!
太陽
TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ
淵に立つ
勝手にふるえてろ
宮本から君へ
テンプレートを表示

古舘 寛治(ふるたち かんじ、1968年3月23日 - )は、日本男性俳優大阪府堺市出身。(くう)所属。

略歴[編集]

ニューヨークで演技を学び、青年団に入団。沖田修一山内ケンジ監督作品の常連俳優で、個性的な役柄を演じている。

2012年より山内が演出しているパチンコ・コンコルドのCM(静岡県ローカル)にコンコルゲン(コンコルド人間の略)として出演(2016年は歌唱のみ)しており、静岡県内では一定の知名度を持っている。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

2003年

2004年

  • ZONE2「全均連」(伊藤康隆監督・ショートフィルム)
  • 団地の奥さん、同窓会に行く(6月8日公開、サトウトシキ監督) - 助監督 役

2005年

  • 死霊波(2月5日公開、葉山陽一郎監督)

2006年

  • ライフ・シネマティック 映画的人生 1「進め!」(6月24日公開、沖田修一監督・ショートフィルム)
  • このすばらしきせかい(10月14日公開、沖田修一監督) - 田辺清 役
  • ハヴァ、ナイスデー「プリーズ、ウェイク・アップ」(10月21日公開、山内健司監督・ショートフィルム)

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

2021年

テレビドラマ[編集]

2000年

2001年

2005年

2007年

2008年

2009年

2011年

2012年

2013年

2014年

  • 隠蔽捜査 第3話 - 最終話(1月27日 - 3月24日、TBS) - 野間崎正嗣 役
  • 三匹のおっさん〜正義の味方、見参!!〜 第5話(2月14日、テレビ東京) - 高原俊樹 / 小久保昌一 役
  • 植物男子ベランダー 連続ドラマ版(4月2日 - 9月24日、NHK BSプレミアム) - 田中惣太郎 役
  • 玉川区役所 OF THE DEAD(10月4日 - 12月20日、テレビ東京) - 大森準市朗 役
  • 深夜食堂3 第3話(11月3日、MBS / 11月5日、TBS) - 吉野純一郎 役
  • リーガルハイ・スペシャル(11月22日、フジテレビ) - 磯貝邦光 役
  • ああ、ラブホテル 第1話(11月23日、WOWOW) - 太一 役

2015年

  • 植物男子ベランダー SEASON2(4月16日 - 9月24日、NHK BSプレミアム) - 田中惣太郎 役
  • 64(ロクヨン) 第1話(4月18日、NHK総合)
  • 世にも奇妙な物語 映画監督編「幸せを運ぶ眼鏡」(11月28日、フジテレビ) - ビジネスマン 役
  • 植物男子ベランダー 俺のウインタースペシャル(12月27日 - 30日、NHK BSプレミアム) - 田中惣太郎 役

2016年

  • 東京センチメンタル 第10話(3月19日、テレビ東京) - 桐谷 役
  • 歴史ミステリーロマン 幕末維新の謎を解け!(3月27日、テレビ東京) - 甲斐勇 役
  • 植物男子ベランダー SEASON3(4月6日 - 9月8日、NHK BSプレミアム) - 田中惣太郎 役
  • 昼のセント酒 第3湯(4月24日、テレビ東京) - (澤田ではなく)清水 役
  • 神の舌を持つ男 第3話(7月22日、TBS) - 脇田正(刑事) 役
  • ママゴト 第3話 - 最終話(9月13日 - 10月18日、NHK BSプレミアム) - 舞善信 役
  • 逃げるは恥だが役に立つ(10月11日 - 12月20日、TBS) - 山さん 役
  • 潜入捜査アイドル・刑事ダンス 第5話(11月6日、テレビ東京) - 桐崎リョウジ 役

2017年

2018年

  • 宮本から君へ(4月7日 - 6月30日、テレビ東京) - 岡崎部長 役[11]
  • アシガールSP〜超時空ラブコメ再び〜(12月24日、NHK総合) - 速川覚 役

2019年

2020年

テレビアニメ[編集]

2012年

ゲーム[編集]

2007年

ドキュメンタリー[編集]

  • ワーキングデッド〜働くゾンビたち〜(2014年10月2日 - 12月25日、BSジャパン) - キャスター[16]
  • BS民放5局開局15周年共同特別番組「バック・トゥ・ザ21世紀〜気づけば未来があふれてた〜」 第四章 21世紀の「東京」(2016年1月2日、BSジャパン担当分) - スリープマン 役[17]
  • ねこ育て(2019年2月16日、NHK BSプレミアム) - ねこ仙人の声
  • ねこ育て いぬ育て(2019年7月20日、NHK BSプレミアム) - ねこ仙人、いぬ仙人の声

テレビ番組[編集]

  • Rの法則 ランコレ×ドラマ アールんの寄り道(2013年4月25日、NHK Eテレ)
  • Rの法則 ランコレ×ドラマ 第2回「アールんとオオカミ少女」(2013年5月30日、NHK Eテレ)
  • 100分de名著 玄侑宗久荘子」(2015年5月6日 - 27日、NHK Eテレ) - 動物専門の整体師 役
  • SICKS〜みんながみんな、何かの病気〜(2015年10月10日 - 12月26日、テレビ東京) - 天本和己 役
  • メディアタイムズ(NHK Eテレ) - 後藤ヒロノブ 役
    • パイロット版(2017年6月18日)
    • レギュラー版(2017年10月12日 - 2020年3月5日)
  • バリバラ スケッチコメディー〜障害者が職場にやってきた〜(2019年5月16日・23日、NHK Eテレ) - 主演・フルタチ部長 役[18]

朗読・ナレーション[編集]

  • NHKスペシャル「従軍作家たちの戦争」(2013年8月14日、NHK総合)
  • 零戦〜搭乗員たちが見つめた太平洋戦争〜(2013年8月3日・8月10日、NHK BSプレミアム) - 朗読
  • ETV特集「戦場で書く~作家 火野葦平の戦争~」(2013年12月7日、NHK ETV) - 朗読
  • ETV特集「路地の声 父の声~中上健次を探して~」(2016年11月26日、NHK ETV) - 朗読
  • ETV ハートネットTV「夢のかけらを集めて ―写真家・甲斐扶佐義と女たち―」(2017年7月18日、NHK ETV) - ナレーション
  • 映画『father カンボジアへ幸せを届けた ゴッちゃん神父の物語』(渡辺考監督)(2018年4月7日公開) - ナレーション
  • RUN!HOPE!RUN!〜N響×大友良英×いだてんコンサート〜(2019年3月31日、NHK BSプレミアム) - ナレーション
  • 100分de名著 ロジェ・カイヨワ『戦争論』(2019年8月5日 - 26日、NHK ETV) - 朗読
  • NHK京都スペシャル「宮本組 旦那たちの祇園祭」(2019年9月6日、NHK京都) - ナレーション
  • NHK BS1スペシャル「知られざる絆〜日本とローマ教皇400年の交流〜」(2020年1月16日、NHK BS1) - 朗読担当

ウェブドラマ[編集]

  • ココダケノハナシ 〜短篇.jpルーキーズ第三弾〜(2008年7月配信開始、goo
    • 第1話「ポイズンラジオ」
    • 最終話「ゴメンナサイが言えなくて」

ラジオドラマ[編集]

  • J-WAVE SPECIAL SHORT SHORT(2020年5月4日、J-WAVE[19]

CM[編集]

2005年

2006年

2007年

2012年

2013年

  • DeNA - Mobage「ガンダムゲーム祭」[20]

2014年

  • 住友生命
  • 新日邦 - コンコルド「コンコルゲン夫婦」(静岡ローカル)

2016年

  • LINE - LINEバイト「LINE応募ばい」篇

2017年

  • ダイワハウス - 「ビジネスマッチング」篇
  • 大塚製薬 - カロリーメイト フルーツ味の声
  • JXTGエネルギー - ENEOSでんき「主婦の決断」編
  • 日清食品 - 日清ラ王「新・食べたい男」編
  • 新日邦 - コンコルド「悪を食うパヤ」(静岡ローカル)
  • JXTGエネルギー - ENEOSでんき「みんなハッピー」編

2018年

舞台[編集]

2001年

2002年

  • 青年団「海よりも長い夜」平田オリザ作・演出 

2003年

  • 青年団若手公演「僕の言葉に訳せない」

2004年

  • 青年団若手公演「通過」
  • 五反田団「長く吐息」
  • 青年団「S高原から」平田オリザ作・演出

2005年

  • 「ワールドプレミア」松井周作・演出
  • 青年団「S高原から」平田オリザ作・演出
  • 五反田団「ニセS高原から」      

2006年

  • マジェンタ☆マジェンタ「ナイストリップ」
  • 「地下室」松井周作・演出
  • 「会議」別役実作、武藤真弓演出
  • 青年団「ソウル市民・昭和望郷篇」平田オリザ作・演出

2007年

  • サンプル「シフト」松井周作・演出
  • ハイバイ「おねがい放課後」岩井秀人作・演出
  • サンプル「カロリーの消費」松井周作・演出
  • 青年団「火宅か修羅か」平田オリザ作・演出

2008年

  • 城山羊の会「新しい橋」山内ケンジ作・演出
  • 青年団「S高原から」平田オリザ作・演出、ヨーロッパ公演
  • 北九州芸術劇場リーディングセッション「伝染病」作:アゴタ・クリストフ、演出:本谷有希子
  • ハイバイ「て」岩井秀人作・演出
  • サンプル「家族の肖像」松井周作・演出
  • 青年団「冒険王」平田オリザ作・演出

2009年

  • サンプル「伝記」松井周作・演出
  • サンプル「通過」松井周作・演出
  • 城山羊の会「新しい男」山内ケンジ作・演出

2010年

  • 北九州芸術劇場プロデュース「ハコブネ」
  • サンプル「自慢の息子」松井周作・演出
  • 青年団 本広企画「演劇入門」

2011年

  • 城山羊の会「メガネ夫婦のイスタンブール旅行記」
  • サンプル「ゲヘナにて」

2012年

  • パルコプロデュース「ヒッキー・ソトニデテミターノ」
  • サンプル「自慢の息子」
  • サンプル「女王の器」

2013年

  • サンプル/青年団「地下室」
  • シアターコクーン・オンレパートリー2013+阿佐ヶ谷スパイダース「あかいくらやみ」

2014年

  • サンプル/青年団「地下室」全国ツアー

2015年

  • サンプル「蒲団と達磨」

2016年

  • ドイツ同時代演劇リーディングシリーズ「ロッコ・ダーソウ」
  • 静岡県舞台芸術センターSPAC「高き彼物」 - 演出

2017年

  • サンプル「ブリッジ」

2018年

  • ハイバイ「ヒッキー・ソトニデテミターノ」

Web連載[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ “キャスト”. 映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」公式サイト. http://sk-movie.jp/cast/ 2016年4月27日閲覧。 
  2. ^ 神木隆之介&門脇麦「太陽」で入江悠とタッグ!劇団イキウメの人気舞台を映画化”. 映画.com (2015年2月11日). 2015年2月11日閲覧。
  3. ^ 阿部寛、今度は夢追う“ダメ中年”!? 樹木希林と親子役…是枝監督最新作『海よりもまだ深く』”. シネマカフェ (2015年12月25日). 2015年12月25日閲覧。
  4. ^ 長瀬智也、神木隆之介の成長に驚き 15年ぶり共演に「たくましくなっちゃって」”. ORICON (2015年7月8日). 2015年7月8日閲覧。
  5. ^ 第69回カンヌ国際映画祭(2016年)「ある視点」部門受賞作品。
  6. ^ カンヌ映画祭 深田監督「淵に立つ」ある視点部門で受賞”. 毎日新聞 (2016年5月22日). 2016年5月22日閲覧。
  7. ^ “『太陽を掴め』追加キャストに柳楽優弥、松浦祐也、内田淳子、古舘寛治”. CINRA.NET (株式会社CINRA). (2016年7月26日). https://www.cinra.net/news/20160726-taiyouwotsukame 2020年3月9日閲覧。 
  8. ^ "妄想ラブ"映画『勝手にふるえてろ』大ヒット!古舘寛治が"今まで見た事ない"と松岡茉優の熱唱を大絶賛!そして、女優の素質も太鼓判!”. cinefil (2018年1月15日). 2020年3月9日閲覧。
  9. ^ “「子供はわかってあげない」初映像到着!新キャストに豊川悦司、千葉雄大ら”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年1月24日). https://natalie.mu/eiga/news/364411 2020年3月10日閲覧。 
  10. ^ 古舘寛治、2020年3月18日のツイート- Twitter
  11. ^ “池松壮亮主演ドラマ『宮本から君へ』に柄本時生、星田英利、古舘寛治ら”. CINRA.NET (株式会社CINRA). (2018年3月15日). https://cinra.net/news/20180315-miyamotokarakimie 2020年3月9日閲覧。 
  12. ^ 《2019年大河ドラマ》出演者発表 第1弾!青年・金栗四三、故郷・熊本から1912年ストックホルム大会へ! いだてん 〜東京オリムピック噺(ばなし)〜”. NHKオンライン. NHK (2017年11月1日). 2017年11月1日閲覧。
  13. ^ “古舘寛治、滝藤賢一とのW主演に「ドッキリでありませんように」<コタキ兄弟と四苦八苦>”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年11月6日). https://thetv.jp/news/detail/211283/ 2020年3月2日閲覧。 
  14. ^ “増田貴久の場面写真も初公開 『レンタルなんもしない人』に比嘉愛未、葉山奨之、古舘寛治が出演”. リアルサウンド 映画部 (株式会社blueprint). (2020年3月11日). https://realsound.jp/movie/2020/03/post-520326.html 2020年3月12日閲覧。 
  15. ^ Episode”. LUPIN the Third -峰不二子という女-公式サイト. 2016年6月7日閲覧。
  16. ^ ワーキングデッド〜働くゾンビたち〜(BSジャパン)、2014年9月1日閲覧
  17. ^ BS民放5局開局15周年共同特別番組「バック・トゥ・ザ21世紀〜気づけば未来があふれてた〜」、2015年12月23日閲覧
  18. ^ NHK バリバラ|バリバラスケッチコメディー”. NHK. 2020年3月12日閲覧。
  19. ^ “佐藤健×岸田繁コラボも!岸井ゆきの、江口のりこ、黒木華、古舘寛治がラジオで朗読”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年4月28日). https://natalie.mu/eiga/news/377129 2020年5月4日閲覧。 
  20. ^ ガンダムゲーム祭”. mobage. 2013年5月12日閲覧。
  21. ^ 古舘寛治 - QJWeb クイックジャパンウェブ”. 株式会社とうこう・あい(株式会社太田出版と業務提携). 2020年3月13日閲覧。