古藤田俊直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古藤田 俊直(ことうだ としなお、生没年不詳)は、江戸時代初期の剣術家・槍術家。古藤田一刀流(唯心一刀流)の祖とされる。通称勘解由左衛門(かげゆざえもん)。唯心(ゆいしん)。

経歴[編集]

相州後北条氏家臣で、新当流の剣術と槍術に通じていたが、天正12年(1584年)に相州を訪れた伊藤一刀斎と試合をして敗れ、伊藤の門人となった。

俊直の系統の一刀流は、後に「古藤田一刀流」もしくは「唯心一刀流」と呼ばれるが、俊直自身は「一刀流」を名乗っていた。また、俊直の一刀流は剣術だけでなく槍術も伝えており、一刀流の古い形態を伝えている。

孫の俊定(弥兵衛)が大垣藩戸田家)に200で仕え、古藤田家は幕末まで代々、大垣藩の一刀流剣術・槍術師範を務めた。

参考文献[編集]