古谷雅樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古谷 雅樹(ふるや まさき、1926年4月9日- )は、日本の植物学者、東京大学名誉教授。

東京生まれ。1949年東京帝国大学理学部卒業。1960年理学博士イェール大学大学院でPh.D.取得。東京大学理学部助教授、69年教授、87年定年退官、名誉教授、理化学研究所国際フロンティア研究システム、日立基礎研究所勤務。フィトクロム研究を推進した[1]

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『植物生理学講座』全5巻 宮地重遠,玖村敦彦共編集 朝倉書店 1971-72
『植物生理学講座 4 生活環の制御』共著 朝倉書店 1972
  • 『光運動反応』編 共立出版 光生物学シリーズ 1981
  • 『植物生理学 6 個体発生 発生における素過程と内在の調節機構』編 朝倉書店 1982
  • 『植物生理学 7 成長 細胞壁(の構築)と成長制御の機作』編 朝倉書店 1982
  • 『植物生理学 8 環境情報 要因の変化に対する認識と応答のしくみ』編 朝倉書店 1981

翻訳[編集]

  • E.ビュニング『生理時計』古谷妙子共訳 東京大学出版会 1977
  • P.F.Wareing, I.D.J.Phillips『植物の成長と分化』監訳 学会出版センター 1983

論文[編集]

  • 古谷雅樹[2]

脚注[編集]