古賀紗理那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
古賀 紗理那
Sarina Koga
NECレッドロケッツ  No.2
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Sarina Koga Japan Volleyball team.jpg
2017年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-05-21) 1996年5月21日(25歳)
出身地 佐賀県神埼郡[1]
ラテン文字 Sarina Koga
身長 180cm[1]
体重 66kg[1]
血液型 B型
選手情報
所属 NECレッドロケッツ
愛称 サリナ
ポジション WS
指高 235cm
利き手
スパイク 305cm
ブロック 290cm
テンプレートを表示

古賀 紗理那(こが さりな、女性、1996年〈平成8年〉5月21日 - )は、日本のバレーボール選手。V.LEAGUE Division1のNECレッドロケッツに所属している[1]

来歴[編集]

佐賀県神埼郡出身[1]。母親の影響で小学2年時よりバレーボールを始めた。 6歳で父の転勤のため熊本へ引越す。小2当時は地元のバレーボール教室でバレーをしていたが強豪チームと対戦したことをきっかけに自らの意志で強豪チームへ移籍。小5、小6の時に全日本バレーボール小学生大会(全国大会)へ出場する。 2011年8月の全日本中学校バレーボール選手権大会で、熊本県代表の大津町立大津中学校の選手として出場した際に優秀選手に選出され[2]、更に同年12月のJOCジュニアオリンピックカップでは、JOC・JVAカップ及びオリンピック有望選手に選出された[3]

全国の高校からオファーが殺到したが、実姉の通う春高バレーの強豪校の熊本信愛女学院高校に進学した。2012年10月のアジアユース選手権に出場し、日本の4連覇に大きく貢献した。自らも大会MVPとベストスコアラーを獲得している[4]。2013年1月の春高バレーでは同校ベスト4進出に大きく貢献し、自らも優秀選手賞を獲得した[5][6]

2013年4月、全日本女子メンバーに初選出された[7]。同年5月からのヨーロッパ遠征メンバーにも選出された[8]。古賀は記者会見に臨んで

「(初選出で)思ってもなかったのでビックリしました。どうして選ばれたか考えたんですが、よくわからなかった(笑)。先輩たちについていけるように頑張りたいです。」

と語った。

同年6月7日、イタリア4か国対抗(ALASSIO CUP2013)で途中出場し、全日本代表デビューを果たした[9]。同年7月のインターハイでは熊本信愛女学院を準優勝に導き、自らもベスト6・優秀選手賞を獲得した[10]

同年10月、古賀は17歳ながら第1回世界U23女子バレーボール選手権のメンバーとして日本チームの銅メダル獲得に貢献し、オールスターチーム(アウトサイドヒッター部門)のメンバーに選出された[11]

2014年6月、古賀は東京オリンピックの強化指定選手である「Team CORE」のメンバーに選出された[12]。高校卒業後の進路についてVリーグ8チームによる争奪戦が繰り広げられ[13]、2015年1月にVプレミアリーグNECレッドロケッツが、古賀ら2選手の入団内定を発表した[14]。翌2月15日の対デンソー戦に途中出場し、アタック1得点をあげプレミアデビューを果たした[15]。ファイナルの久光製薬戦では途中出場ながらも13得点をあげ[1]、10年ぶりのリーグ制覇に貢献した[2]

2015年8月から9月にかけ日本各地で開催されたワールドカップで世界三大大会デビューを果たし[16]ベストスコアラーランキング5位[17]、ベストサーバー部門4位[18]、ベストレシーバー部門トップ[19]など華々しい活躍を見せた。

2016/17V・プレミアリーグにおいては、NECの2年ぶり優勝に大きく貢献し、最優秀選手賞及びベスト6賞を獲得した[20]

2021年、東京オリンピック日本代表の最終メンバーに選出された[21]。しかし、7月25日、予選ラウンドの第1戦・ケニア戦の第3セットで足をひねり負傷。オリンピックデビュー戦で負傷退場となった[22]。欠場となった。予選ラウンド2日目となる27日は、松葉杖姿で会場に姿を現した[23]。予選ラウンド4日目となる31日の試合(韓国戦)でスタメン出場で復帰。「古賀ちゃん」がTwitterのトレンド入りを果たした[24]

人物・エピソード[編集]

目標としている選手は木村沙織で、アタックだけでなくレセプションなどどのプレーでも優れていることを理由に挙げている[25]。 信愛女学院ではキャプテンを務め、2014年の全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会では決勝まで進むも東京五輪の強化メンバーである1年生の宮部藍梨を擁する大阪の金蘭会高等学校に敗北し、高校最後の大会となった春の高校バレーでは学校のチームを優先したい意向で全日本の合宿のオファーを断って臨んだがレギュラーメンバーを含む古賀のチームメイト4人がインフルエンザに罹患して出場出来なくなるアクシデントにも見舞われ、エースの白井美沙紀を擁する神奈川の大和南高等学校に2回戦で敗れ、高校在学中の日本一はならなかった。

球歴[編集]

所属チーム履歴[編集]

受賞歴[編集]

個人成績[編集]

V.LEAGUEの個人成績は下記の通り[28]

大会 チーム 出場 アタック バックアタック アタック
決定本数
ブロック サーブ サーブレシーブ 総得点























































V1 2014-15 NEC 10 22 139 49 3 35.3 15 3 0 20 2.23 7 0.32 50 0 0 1 16 8 114 79 0 69.3 49 7 0 56
V1 2015-16 26 104 932 340 42 36.5 102 29 9 28.4 3.27 45 0.43 369 3 7 39 135 11.5 677 378 0 55.8 340 45 10 395
V1 2016-17 28 102 1042 375 47 36 164 48 16 29.3 3.68 49 0.48 349 5 11 42 88 10.3 951 619 0 65.1 375 49 16 440
V1 2017-18 26 100 1058 346 47 32.7 159 43 10 27 3.46 34 0.34 393 6 16 57 119 9.5 626 241 165 51.7 346 34 22 402
V1 2018-19 27 106 1033 322 34 31.2 105 23 6 21.9 3.04 30 0.28 398 2 19 45 134 10.9 608 248 154 53.5 322 30 21 373
V1 2019-20 24 84 919 269 49 29.3 110 26 8 23.6 3.2 33 0.39 322 5 15 30 91 10.9 608 271 159 57.6 269 33 20 322
V1 2020-21 22 82 834 353 37 42.3 121 36 12 29.8 4.3 36 0.44 353 7 11 24 136 13 542 267 132 61.4 353 36 18 407
通算:7シーズン 166 600 5957 2054 259 34.5 776 208 61 26.8 3.42 234 0.39 2234 28 79 238 719 10.2 4126 2103 610 58.4 2054 234 107 2395


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Vリーグ機構. “所属選手”. 2015年2月7日閲覧。
  2. ^ 日本バレーボール協会. “第41回 全日本中学生バレーボール選手権大会 - 優秀選手名”. 2013年1月8日閲覧。
  3. ^ 日本バレーボール協会. “JOCジュニアオリンピックカップ - 特別表彰選手”. 2013年1月8日閲覧。
  4. ^ 日本バレーボール協会. “第9回アジアユース女子バレーボール選手権大会 - 試合結果”. 2013年1月8日閲覧。
  5. ^ 日本バレーボール協会. “男子は星城、女子は下北沢成徳が高校日本一! 第65回全日本高等学校選手権大会”. 2013年1月17日閲覧。
  6. ^ msn産経ニュース. “優秀選手に下北沢成徳・小笹ら”. 2013年1月15日閲覧。
  7. ^ 日本バレーボール協会. “2013年全日本女子”. 2013年4月16日閲覧。
  8. ^ 日本バレーボール協会. “「世界一を知る」 火の鳥NIPPONが2013年シーズンに向けて始動 新キャプテンは木村沙織選手!”. 2013年5月13日閲覧。
  9. ^ 日本バレーボール協会. “古賀紗理那選手が高校2年生で全日本デビュー イタリア4カ国対抗開幕”. 2013年6月8日閲覧。
  10. ^ 月刊バレーボール 2013年9月号 160ページ
  11. ^ FIVB. “China crown splendid year with another gold medal”. 2013年10月13日閲覧。
  12. ^ 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月27日閲覧。
  13. ^ テレビ熊本. “信愛バレー古賀紗理那選手 NECレッドロケッツ入団決定”. 2015年1月23日閲覧。
  14. ^ NECレッドロケッツ. “2015年度内定選手のお知らせ”. 2015年1月23日閲覧。
  15. ^ Vリーグ機構. “試合結果速報”. 2015年2月16日閲覧。
  16. ^ 集英社. “【女子バレー】リオ五輪出場権獲得へ、カギを握るのは古賀紗理那”. 2016年1月29日閲覧。
  17. ^ FIVB. “PLAYER STATISTICS - BEST SCORERS”. 2016年1月29日閲覧。
  18. ^ FIVB. “PLAYER STATISTICS - BEST Servers”. 2016年1月29日閲覧。
  19. ^ FIVB. “PLAYER STATISTICS - BEST RECEIVERS”. 2016年1月29日閲覧。
  20. ^ 2016/17シーズン Vリーグ個人賞 受賞者一覧”. Vリーグ機構. 2017年3月24日閲覧。
  21. ^ 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)火の鳥NIPPON出場内定選手12人決定”. 日本バレーボール協会 (2021年6月30日). 2021年7月31日閲覧。
  22. ^ “女子バレー快勝発進もエース古賀紗理那が負傷退場 メダルへ黄信号”. 日刊スポーツ. (2021年7月26日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/volleyball/news/202107260000223.html 2021年7月31日閲覧。 
  23. ^ “女子バレーボール石川真佑「1点1点全力で」セルビアにストレート負け”. 日刊スポーツ. (2021年7月27日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/volleyball/news/202107270000879.html 2021年7月31日閲覧。 
  24. ^ “バレー・エース古賀紗理那が戦線復帰「古賀ちゃん」ツイッタートレンド入り”. 日刊スポーツ. (2021年7月31日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/volleyball/news/202107310001280.html 2021年7月31日閲覧。 
  25. ^ 月刊バレーボール 2013年6月号 6-7ページ
  26. ^ 金蘭会高校が初優勝! 平成26年度全国高等学校総合体育大会 女子バレーボール競技大会 日本バレーボール協会
  27. ^ Vリーグ機構. “2015/16V・プレミアリーグ女子大会 V・ファイナルステージ ファイナル 試合結果のお知らせ”. 2016年3月13日閲覧。
  28. ^ 古賀紗理那|選手別成績|Vリーグ オフィシャルサイト”. Vリーグ機構. 2021年8月9日閲覧。

参考文献[編集]