古賀義章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古賀 義章(こが よしあき、1964年8月26日 - )は佐賀県出身の編集者

来歴[編集]

1964年、佐賀県の旧三田川町(現吉野ヶ里町)出身。佐賀西高校明治大学卒業後、1989年、講談社入社。週刊現代フライデーに配属された[1]

2001年、渡仏し週刊誌『Paris Match』にて研修[1]

2004年、「ワインから国際政治まで」をテーマにした『クーリエ・ジャポン』を創刊。初代編集長(2010年まで[2])を務める他、『報道ステーション』(テレビ朝日)のコメンテーターなど、テレビ出演もしてきた[3]

2010年、国際事業局に異動し[4]担当部長に就任。インド・プロジェクト・ディレクター[5]として、『巨人の星』からのリメイクアニメ『スーラジ ザ・ライジングスター』を企画した。

2013年、「飛雄馬、インドの星になれ!―インド版アニメ『巨人の星』誕生秘話」を著す。同じ梶原一騎作品の『あしたのジョー』(高森朝雄名義)のリメイクアニメ制作も検討しているという[6]

主な経歴[編集]

記者としての取材実績
オウム事件阪神大震災神戸少年A事件東海村JCO事件北朝鮮拉致問題イラク戦争
編集者
  • 1995年 写真家・宮崎学の『アニマル黙示録』が講談社出版文化賞と日本写真協会年度賞を受賞
  • 2000年 写真家・大西成明の『病院の時代』が講談社出版文化賞を受賞
カメラマン
  • 1996年 写真展「熱い廃虚 - 警戒区域'91 - '96」を開催
  • 1998年 「普賢岳OFF LIMITS」(平凡社)発表
  • 2000年 「場所—オウムが棲んだ杜」(晩聲社)発表

脚注[編集]