古郷幹彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

古郷 幹彦(こごう みきひこ、1955年10月 - )は、日本歯科医学者大阪大学大学院歯学研究科教授(統合機能口腔科学専攻顎口腔疾患制御学分野)。口腔顔面神経機能学会理事長[1]。専門は口腔外科学神経生理学

人物[編集]

大阪府出身。1974年大阪府立高津高等学校卒業後、大阪大学歯学部を経て1984年に大阪大学歯学研究科口腔外科学第一専攻博士修了。

大阪大学歯学部第一口腔外科研究室にて、鼻咽腔閉鎖機能の電気生理学的解析、培養脳幹による舌・咀嚼運動制御解析、口唇口蓋裂患者の顎発育、扁平上皮癌転移メカニズムの解析、唾液腺発生及び唾液腺細胞の癌化、軟骨・骨分化メカニズムの解析などの研究課題に取り組む傍ら、大阪大学歯学部附属病院にて臨床外来患者に対し、長期的・専門的な治療を担当する。

2007年3月の朝日カルチャーセンター・芦屋教室では、「顔の中の口の役割と口元の美学」について、かづきれいこと対談し、口唇裂口蓋裂について解説し、リハビリメイクが女性の更年期障害にも効用があることなどをわかりやすく話した。

2007年7月のNHK総合テレビ『解体新ショー』では、「のどちんこ博士」として出演し、のどちんこ(口蓋垂)の働きを分かりやすく解説した。

  • 1984年 - 大阪大学歯学部付属病院医員(第一口腔外科)
  • 1986年 - 大阪府立母子保健総合医療センターに勤務
  • 1996年 - 大阪大学歯学部 助教授
  • 2002年 - 大阪大学歯学部 教授
  • 2002年 - 大阪大学歯学部付属病院 副病院長
  • 2016年 - 日本口腔外科学会理事長

著書[編集]

  • のどちんこの話―摂食嚥下・呼吸・発声との微妙な関係(単行本・松矢篤三共著)ISBN 978-4263455937
  • ハイネマン歯科英和辞典(医歯薬出版・監訳雫石聡、吉田篤共著)ISBN 978-4263455784
  • 口腔口蓋裂の手術(大阪大学歯学雑誌)
  • 『口腔外科学』 白砂兼光古郷幹彦医歯薬出版東京都文京区2010年3月10日、第3版。ISBN 978-4-263-45635-4。NCID BB01513588


所属学会[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 理事名簿(平成21年3月現在)”. 口腔顔面神経機能学会. 2010年4月11日閲覧。
  2. ^ 役員 平成21・22年度理事・監事”. 日本口蓋裂学会. 2010年4月11日閲覧。
  3. ^ 役員・評議員”. 日本口腔科学会. 2010年4月11日閲覧。
  4. ^ 2009・2010年度 役員等名簿”. 日本口腔外科学会. 2010年4月11日閲覧。