古都京都の文化財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
世界遺産 古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)
日本
鹿苑寺舎利殿(金閣)
鹿苑寺舎利殿(金閣)
英名 Historic Monuments of Ancient Kyoto (Kyoto, Uji and Otsu Cities)
仏名 Monuments historiques de l'ancienne Kyoto (villes de Kyoto, Uji et Otsu)
面積 1,056 ha
(緩衝地帯 3,579 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(4)
登録年 1994年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
古都京都の文化財の位置
使用方法・表示

古都京都の文化財(京都市、宇治市、大津市)(こときょうとのぶんかざい(きょうとし、うじし、おおつし))は、その名が示すように京都府京都市宇治市滋賀県大津市の2県3市に点在する構成資産17件から成るユネスコ世界遺産リスト登録物件(文化遺産)である。1994年に日本で5件目の世界遺産として登録された。

正式名称には3市の名前が含まれており、文化庁の表記[1]や日本ユネスコ協会連盟の表記[2]はそうなっているが、しばしば市名の部分を省略して、単に「古都京都の文化財」と呼ばれる。

構成遺産[編集]

点在する17か所の寺社と城郭で構成される。現在の構成遺産は、国宝建造物(★)があるか、庭園が特別名勝(◎)に指定されているものだけで構成されている(清水寺の一部として指定されている地主神社(重要文化財)・延暦寺の一部として指定されている比叡山(史跡・一部は天然記念物)を除く)。一部は特別史跡(■)にも指定されている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

具体的には、

  • (2) 京都は8世紀から17世紀の間、宗教・非宗教建築と庭園設計の進化にとって主要中心地であった。そのように、京都は日本の文化的伝統の創出において決定的な役割を果たし、特に庭園の場合において、それは19世紀以降世界の他の地域において意義深い影響を与えた。
  • (4) 京都の現存文化財における建築と庭園設計の集積は前近代における日本の物質文化のこの側面に関する最高の表現である。

拡大登録計画[編集]

登録当時から時間が経過し周辺環境や景観の悪化が進行しつつあるため、京都市を中心に遺産の追加登録計画が持ち上がっている。

具体的には、大徳寺および禅林寺(永観堂)が登録に前向きの姿勢を示しているほか、京都市が嵯峨野嵐山一帯の追加登録を目指している。このほか、東山一帯、郊外の大原八瀬地区、鞍馬貴船地区、また宮内庁が管理している皇室ゆかりの京都御所桂離宮修学院離宮御陵のある月輪陵泉涌寺、等については法整備など難しい問題もある。なお、桂離宮については当初ユネスコより単独での世界遺産にふさわしいとされた。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 世界遺産(文化遺産)一覧文化庁
  2. ^ 『世界遺産年報2017』講談社、2016年、pp.32, 47