台中野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
教育部体育署台中棒球場
Taichung Baseball Field
台中野球場
台中野球場の位置(台湾内)
台中野球場
施設データ
所在地 台中市北区双十路一段16号
座標 北緯24度08分55秒 東経120度41分20秒 / 北緯24.1486度 東経120.6888度 / 24.1486; 120.6888座標: 北緯24度08分55秒 東経120度41分20秒 / 北緯24.1486度 東経120.6888度 / 24.1486; 120.6888
起工 1935年
開場 1935年
所有者 教育部体育署
管理・運用者 国立台湾体育大学
グラウンド 天然芝
設計者 折下及延
旧称 水源地野球場(1935年~1945年)
台湾省立棒球場(1945年~1998年)
使用チーム • 開催試合
収容能力
8,500人(2009年)
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 325 ft(約99.1 m)
中堅 - 400 ft (約121.9 m)

教育部体育署台中野球場繁体字教育部體育署台中棒球場)は中華民国台湾台中市北区にある野球場プロ野球興農ブルズが本拠地としていた。施設は台湾体育大学構内にあり、台湾唯一の国立野球場である。一般に台中野球場台湾体院野球場と呼ばれる。

概要[編集]

台中野球場は日本統治時代1935年昭和10年)に開場、その後何度かの改修を経て国際基準を満たす球場となった。

1969年2月には、日本の読売ジャイアンツが春季キャンプを行った。

1998年民国87年)以前は所有者が台湾省であったので、台湾省立野球場(臺灣省立棒球場)と呼ばれていた。1998年12月20日より行政院体育委員会に移管され、現在の名称に改められた。管理運営は台湾体育大学が行っている。

1998年から2004年まで興農ブルズは球場の修繕費用の一部を負担しており、内野グラウンドにも天然芝が張られ、台湾では最初の内外野天然芝の球場となった。本来興農ブルズは台中市に対し台中球場の管理許可を要求していたが、台中市には管理権は無く許可する事は出来なかった為、管理許可要求を取り消し修繕に協力する事となったのである。

2006年に改修される迄はグラウンドが狭く、外野フェンスもまた低かった。両翼310ft、中堅360ftしかなく、「最多本塁打球場」、「打者の天国」、「投手の墓場」等と呼ばれていた。