台北市立天母棒球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台北市立天母棒球場
Tianmu Baseball Stadium
New Tianmu Baseball Stadium.jpg
台北市立天母棒球場の位置(台湾内)
台北市立天母棒球場
施設データ
所在地 台北市忠誠路二段71號
座標 北緯25度06分47秒 東経121度31分59秒 / 北緯25.1131度 東経121.5331度 / 25.1131; 121.5331座標: 北緯25度06分47秒 東経121度31分59秒 / 北緯25.1131度 東経121.5331度 / 25.1131; 121.5331
起工 1997年3月25日
開場 1999年8月15日
所有者 台北市立体育学院
管理・運用者 嚴慶秀
グラウンド 天然芝
使用チーム • 開催試合
中華職業棒球聯盟
収容能力
10,000人(内野席のみ。外野席は設置されていない)
グラウンドデータ
球場規模 両翼 - 325 ft(約99.1 m)
中堅 - 400 ft (約121.9 m)

台北市立天母棒球場(タイペイしりつ テンムぼうきゅうじょう)は、台湾台北市士林区天母にある野球場

中華職業棒球聯盟では、中信兄弟米迪亜ティー・レックス(現在は解散)など、台北を縁故地とする球団の主催試合会場として主に利用される。

概要[編集]

当初の計画では20,000人収容となる予定だったが、台湾球界では日本でもあるメガホンを叩く、応援歌など鳴り物応援が盛んなことから、天母地区住民の抗議が寄せられた。そのため、6,000人収容に計画を縮小した上で1997年3月25日に建設が開始され、1999年8月15日に完成・開場した。2001年のIBAFワールドカップ開催球場に選ばれると拡張工事を施し、10,000人まで収容可能になった。以前は建物に所有者の名前があったが写真のように現在は球場の名前に変更されている。

2002年5月14、15日には、日本プロ野球第二次世界大戦後初となる台湾での公式戦(福岡ダイエーホークスオリックス・ブルーウェーブ戦)が開催され、2日間で23,000人の観客を集めた。また2006年には、第2回IBAF女子ワールドカップの会場にもなっている。2015年11月、台中インターコンチネンタル野球場桃園国際野球場とともに2015 WBSCプレミア12の会場として利用された。大会期間中、11月15日深夜に火災が発生し、翌16日の準々決勝、キューバ-韓国戦の会場が台中インターコンチネンタル野球場に変更された。