台東直隸州知州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

台東直隸州知州(たいとうちょくれいしゅうちしゅう)は、清末台湾が正式に省とされ、台東に州が設置された際に設置された台東地区の地方官の名称。清朝統治時代における台東地区の最高地方長官であった。1888年に初めて設置され、官秩は正五品である。近現代の中国における著名な学者である胡適の父、胡伝が知州を任じられ、現在でも台東市市内にその号を冠した鉄花路が存在してる。

歴代知州

  1. 呉本杰 : 1888年光緒14年)- 1889年(光緒15年)
  2. 王維敘 : 1889年(光緒15年)
  3. 高垚 : 1889年(光緒16年) - 1890年(光緒16年)
  4. 温培華 : 1890年(光緒16年)
  5. 隆同知 : 1890年(光緒16年)
  6. 宋維釗 : 1890年(光緒17年) - 1891年(光緒18年)
  7. 呂兆璜 : 1891年(光緒17年) - 1892年(光緒18年)
  8. 管元善 : 1892年(光緒18年) - 1893年(光緒19年)
  9. 胡伝 : 1893年(光緒19年) - 1895年(光緒21年)
  10. 張儀春 : 1895年(光緒21年)

参考文献

  • 劉寧顔 『重修台湾省通志』(台湾省文献委員会 台北 1994年)

今日は何の日(11月12日

もっと見る