台湾における携帯電話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

台湾における携帯電話について解説する。このページで扱う台湾とは、中華民国政府の実効支配下にある地域(台澎金馬)を指すものとする。

歴史[編集]

台湾において通信事業は国営事業とされ、長らく国家の独占を受けていた。 しかし1980年代末から1990年代にかけて徐々に通信事業の自由化が進み、2000年代に入ると、一部企業に外資規制があるものの、台湾の通信事業はほぼ自由化された。

携帯電話の契約回線数は、2010年12月現在で、2Gが818万、3Gが1,873万、合計2,692万回線に達し、2,316万人の人口に対して116%の普及率となっている。[1]

国家通訊伝播委員会の決定により、2017年6月をもって2Gサービスが終了。3Gサービスも、2018年12月31日をもって終了予定(ただし、4Gの音声通話技術であるVoLTE対応端末の完全普及までは、3G波の送出自体は継続される)

携帯電話サービス事業者[編集]

第2世代(GSM)、第3世代(W-CDMA)、第3.9世代(LTE)携帯電話。台湾最大の通信サービス企業。
第2世代(GSM)、第3世代(W-CDMA)、第3.9世代(LTE)携帯電話。NTTドコモが出資している。
第2世代(GSM)、第3世代(W-CDMA)、第3.9世代(LTE)携帯電話。
  • 台湾之星(台灣之星、Taiwan Star Telecom、旧・威寶電信)[4]
第3世代(W-CDMA)、第3.9世代(LTE)携帯電話。
  • 亜太電信(亞太電信、Asia Pacific Telecom)[5]
第3世代(CDMA2000)、第3.9世代(LTE)携帯電話。
台湾唯一のPHS事業者。2015年3月31日PHSサービスを終了。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 100年通訊傳播事業概況總覽 (PDF)