台湾基督長老教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
台湾基督長老教会
台湾基督長老教会のロゴ
台湾基督長老教会のロゴ(ラテン語版)
各種表記
繁体字 臺灣基督長老教會
簡体字 台湾基督長老教会
拼音 Táiwān Jīdù Chánglăo Jiàohuì
注音符号 ㄊㄞˊ ㄨㄢ ㄐ| ㄉㄨ ㄓㄤˇ ㄌㄠˇ ㄐ|ㄠˋ ㄏㄨㄟˋ
発音: タイワン ジードゥ チャンラオ ジャオフイ
台湾語白話字 Tâi-oân Ki-tok Tiúⁿ-ló Kàu-hoē
英文 The Presbyterian Church in Taiwan
テンプレートを表示

台湾基督長老教会(たいわんキリストちょうろうきょうかい)は、キリスト教プロテスタント長老派教会で、台湾では最大のキリスト教教派である。関連の大学、学校、病院なども多い。

歴史[編集]

1865年スコットランド出身のジェームズ・マックスウェル(James Laidlaw Maxwell、台湾語名:馬雅各)がイングランド長老教会ミッションで高雄へ上陸し、医療院を開設するかたわら台湾の宣教を開始し、また1872年カナダ長老教会の馬偕博士(George Leslie Mackay、台湾語名:馬偕)が淡水台北近郊の港町)に来て、やはり医療奉仕をしながら、台湾北部へ宣教した。その後、長老派教会は台湾で最も大きな宗派となり、第二次大戦後、1951年には両派が合同して台湾基督長老教会を設立した。

組織と特徴[編集]

組織[編集]

  • 台湾基督長老教会は総会(General Assembly)が最高決定機関、各地域毎の意思決定機関である「中会」、各教会毎の意思決定機関である「小会」という組織を形成している(その以外はまた小会を形成していない「支会」という組織もあってから、こちらの小会も「堂会」と呼ばれる)。
  • 総会

特徴[編集]

  • 台湾語での礼拝が多く、日本統治時代も含めて、台湾人と共に歩んだ教会である。そして、日本語での礼拝もある。

信仰告白[編集]

台灣基督長老教會信仰告白20180211.jpg

写真集[編集]

台湾基督長老教会嘉義西門教会礼拝堂の紹介(日本語は右)

関連機関[編集]

関連項目[編集]