台湾布政使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

台湾布政使(たいわんふせいし)は福建台湾布政使とも称し、台湾省設置後の1887年以降に設置された。台湾布政使は清朝統治下の台湾地方行政制度に於ける内政の最高官であり、台湾省設置以前の台湾知府に相当する業務を担当した。

台湾布政使司は官署衙門を下部に置き、布政使は按察使銜分巡台湾兵備道及び福建台湾巡撫に帰属した。1895年、台湾が日本に割譲されると台湾布政使は廃止された。

歴代官人[編集]

  1. 邵友濂
  2. 沈応奎
  3. 蒯徳標
  4. 于蔭霖
  5. 唐景崧
  6. 顧肇熙
  7. 兪明震