台湾府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

台湾府(たいわん-ふ)は、清朝にかつて存在した府。

鄭成功時代[編集]

鄭成功オランダ勢力を駆逐し鄭氏政権を樹立すると、1661年永暦15年)に承天府を設置、衙門を赤崁楼に設置し台湾南部を管轄した。1664年(永暦18年)から1683年(永暦37年)まで、台湾南部の2州(県より昇格)に加え、澎湖、南路及び北路の3司を管轄に置いた。

清代[編集]

1683年康熙22年)、台湾を勢力下に置いた清朝は承天府を廃止、台湾府を設置し、台湾全島を管轄していた。しかし1875年光緒元年)に台北府が設置されると台湾北部が管轄範囲から分離、1885年(光緒11年)の台湾省1887年(光緒13年)の台南府設置により管轄範囲は縮小、台湾中部のみを管轄、重要政策事項は福建台湾承宣布政使司に移管されている。

日本統治時代[編集]

1895年明治28年)、日清戦争の結果、日本に台湾が割譲されると、日本政府は台湾県を廃止、同時に台湾府を台湾県に変更している。

参考文献[編集]

  • 劉寧顔編『重修台湾省通志』(台湾省文献委員会 1994年)