台湾鉄路管理局DR1000型気動車 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台湾鉄路管理局DR1000型気動車
集集線にて運用されるDR1000型
集集線にて運用されるDR1000型
基本情報
運用者 台湾鉄路管理局
製造所 日本車輌製造
製造年 1998年 - 1999年
製造数 36両
主要諸元
軌間 1,067 mm
最高速度 110 km/h
全長 19,774 mm
全幅 2,690 mm
全高 3,890 mm
台車 ND-727
動力伝達方式 液体式
機関出力 350 PS
制動装置 電気指令式
保安装置 ATS-SN、ATS-P、ATP
テンプレートを表示

DR1000型気動車(ディーアール1000がたきどうしゃ)は、台湾鉄路管理局(台鉄)の気動車である。

概要[編集]

20世紀末に運用されていたDR2100型 - DR2400型は一部は運用開始から60年以上に達し、老朽化が始まっていた上冷房も無かった。この為台鉄は新世代の気動車を導入し支線区のサービス向上が必要と考え、「810購車計画」を通じ日本車輌製造から36両の冷房付ディーゼルカー(中国語:冷氣柴油車)を購入し、同時にDR3100型気動車を30両購入している。

1998年上半期より納車が開始され同年12月2日から運用を開始。1999年下半期には全ての旧型気動車に変わり「復興号」名目で三大支線を走行した。2006年11月1日のダイヤ改正時に区間車に編入された。

この車輛に台鉄はDR1000型と付番し、DR1001号 - 1036号となったが、その中のDR1036号は局長専用車に改修され、DSC1001と改番されている。

機器等[編集]

全車が両運転台車で、単行から数両連結の運用にまで弾力的に使用されている。動力用エンジンにはカミンズNTA855R1ディーゼルエンジンを1台搭載し、この他電源用エンジンを一台搭載している。客用扉はプラグドアの片開き2扉、車内は転換クロスシートであったが、区間車に格下げの際にロングシートに改装し吊革が追加されている。

関連項目[編集]