台湾鉄路管理局DR3100型気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台湾鉄路管理局DR3100型気動車
台鉄DR3100型気動車
台鉄DR3100型気動車
基本情報
運用者 台湾鉄路管理局
製造所 日本車輌製造
製造年 1998年
製造数 30両
運用開始 1998年8月
主要諸元
編成 3両編成
軌間 1,067 mm
最高速度 110 km/h
全長 20,000 mm
台車 ND-727
動力伝達方式 液体式
機関 カミンズ NTA855-R1
機関出力 310 hp
(電源用 270 HP)
テンプレートを表示

DR3100型気動車は、台湾鉄路管理局(台鉄)の自強号用の気動車である。

概要[編集]

台鉄では、東部幹線の自強号の慢性的な混雑を解消する為、1990年DR3000型91両を導入したが、それでも混雑は解消されなかった事から、1998年民国87年)に増備されたのが本形式である。1998年8月より運用を開始した。

製造は、DR3000型の日立製作所に代わって日本車輌製造となったが、電装系は引き続き日立製作所の担当であり、性能的にもほぼ同じである。車体艤装は、DR3000型に準じているものの、同時期に製造された支線用の気動車であるDR1000型と共通した設計を取り入れている。客用扉は片開きの片側2扉を採用しており、これまでの優等列車より乗降時間が短縮された。

第一編成(DR3101-DR3051-DR3102)は完成車で輸入されたが、第二編成以降は日車の技術支援のもとで唐栄鉄工廠(現在の台湾車輌)にて製造された。なお台鉄では、東部幹線や南廻線の電化により、今後は気動車の増備を行わない方針を決定しており、本形式が台鉄最後の自強号用気動車になる見込み。

台東までの電化が開業して以降、主に南廻線を初めとする、台湾南部の自強号用として使用されているが、台東線では、故障の多いEMU500型の代車として、区間車として使用される事もある。

列車編成[編集]

DR3100
DR3150
DR3100
  • 制御車(DR3100): DR3100型、20両
  • 付随電源車(DR3150): DR3150型、10両

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]