台湾鉄路管理局EMU400型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台湾鉄路管理局EMU400型電車
EMU400型電車
EMU400型電車
基本情報
運用者 台湾鉄路管理局
製造所 UCW
製造年 1989年
製造数 12編成48両
運用開始 1990年11月10日
引退 2015年
主要諸元
編成 4両編成
軌間 1,067 mm
電気方式 交流25,500V/60Hz
最高速度 110 km/h
編成定員 1000
車両定員 60(座席)120(立席)
駆動方式 吊り掛け駆動方式
編成出力 1,920 kW
制御方式 抵抗制御
保安装置 ATP
テンプレートを表示

EMU400型電車は、1990年11月10日に営業運転を開始した台湾鉄路管理局(台鉄)の交流電車

概要[ソースを編集]

1980年代末の台鉄通勤車は客車であり老朽化も進んでいた為、乗降・所要時間短縮、客室サービス向上を目的に南アフリカのユニオン社(UCW:Union Carriage & Wagon)で製造された48両が投入された。試運転時にはパンタグラフが上がらなくなるなどトラブルもあったが、1990年11月9日の試乗会を経て翌日に営業運転を開始した。

列車種別は通勤電車で登場し、近年は区間車として運用していた。

引退[ソースを編集]

EMU800型の増備に伴い、2013年より置き換えが開始され、2014年7月には、僅か2編成8両のみが使用される状況となった。この2編成も、2015年2月末で検査期限を迎えた為に休車となり、3月に運用を終了した。

外観・仕様[ソースを編集]

同じユニオン社が製造したEMU200型(現EMU1200型)がベースになっている。

車内[ソースを編集]

  • 座席はロングシートで深緑色のビニール製である。
  • 蛍光灯カバーが付いている。
  • 両開き2扉車でありホーム高さの関係上ステップを設ける。
  • 車端部の一部側窓は上部が内倒れ式で開閉できる。
  • 台鉄の通勤車として初の冷房車である。

当時の台鉄普通車から車内居住性が格段に向上し、旅客からの評判もよかったため、その後通勤電車のベースとして新型形式の投入が進んでいくことになる。

編成[ソースを編集]

 
EMU400
← (逆行)
(順行) →
号車 1 2 3 4
形式
EMC400
(Mc)

ET400
(T)
 <  
EP400
(T)

EM400
(Mc)
搭載機器 CONT     CONT
凡例

関連項目[ソースを編集]