台町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
台町
—  町丁  —
現在の台町
台町の位置(横浜市内)
台町
台町
台町の位置(神奈川県内)
台町
台町
台町の位置
座標: 北緯35度28分15.0秒 東経139度37分30.19秒 / 北緯35.470833度 東経139.6250528度 / 35.470833; 139.6250528
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
神奈川区
面積[1]
 - 計 0.079km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 2,369人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 221-0834[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜
かつての台町、広重『東海道五十三次』神奈川・台之景

台町(だいまち)は横浜市神奈川区の町名。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施[5]郵便番号は221-0834[3]

地理[編集]

神奈川区南部、横浜駅北方の丘の中腹にあり、旧東海道に沿って東西に細長い地域。中央が峠状に高くなっている。北側の高台は高島台、南側の低地は 鶴屋町、西側は沢渡、西区楠町と南軽井沢、東側は金港町に接する。

歴史[編集]

料亭田中家

江戸時代には南側の崖下(現在の鶴屋町)が海で眺めが良く、神奈川宿の西部にも当たるため茶屋が多く立ち並び、東海道でも有名な景勝地だった。『東海道中膝栗毛』にも登場し、歌川広重の『東海道五十三次』神奈川台之景の図が特に有名。

明治に入ると鉄道建設をきっかけに周辺の埋め立てが進み、南側の鶴屋町も大正年間に埋め立てが完了した。横浜の開発に尽力した高島嘉右衛門は北側の大綱山に屋敷を構え、これにちなんでここは高島台と呼ばれるようになった。

現在はマンションが多く、下の鶴屋町にもビルが密集し、景勝地の面影はない。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
台町 1,410世帯 2,369人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

番地 小学校 中学校
全域 横浜市立青木小学校 横浜市立栗田谷中学校

名所・施設[編集]

  • 旧東海道:「神奈川宿歴史の道」として整備されている
  • 料亭・田中家:坂本龍馬夫人楢崎龍が一時勤めたことで有名
  • 神奈川台関門跡:幕末に攘夷テロ対策として設けられた
  • 大綱金刀比羅神社:もと大綱山(高島台)にあったが、後に遷座した
  • 三宝寺:かつて歌人・弁玉が住職を務めた。現在は高層建築の上に本堂が載った構造で、遠方からも目立つ
  • 東横フラワー緑道:東横線跡地、古くは神奈川駅があった

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 横浜市の町名一覧
  6. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。