右田弘詮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
右田弘詮
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 大永3年10月24日1523年12月1日
改名 昌瑞(号)
別名 三郎[1]、右田中書[1]、陶弘詮、朝倉弘詮
戒名 鳳梧真幻昌瑞、鳳梧昌瑞大禅定門[2]
官位 従五位下、中務大輔、兵庫頭[1]安房[1]
主君 大内政弘義興
氏族 陶氏右田氏→陶氏
父母 父:陶弘房[1]、母:仁保盛郷娘[2]
兄弟 弘護[1]弘詮
興就、隆康[2]、娘(陶興房妻)[2]

右田 弘詮(みぎた ひろあき)は戦国時代武将大内氏の重臣。長門国諏訪山城主。同じく長門国矢田城主とも伝えられる。

生涯[編集]

大内政弘大内義興の二代にわたって仕えた。初めの主君・政弘からは「弘」の字の授与を受けている。父弘房は同族の右田弘篤の跡を継いでいたが、兄(弘詮の伯父)の弘正が戦死したため、陶家の家督を相続し、寛正6年(1465年)に次男の弘詮に右田家を継がせた[2][注釈 1]

文明10年(1478年)7月、兄弘護とともに九州に渡り、少弐氏と戦ってこれを滅ぼす。翌年兄に代わって筑前国守護代となる[4]

文明14年(1482年)、弘護が28歳で不慮の死を遂げ、その子達が幼なかったため、政弘の命により陶氏に戻り兵庫頭を名乗る[2]。弘護の三男の興房が成人するまで番代(当主代行・後見人)を務めて周防及び筑前両国の守護代職を務め、主君・義興の上洛中は留守を守って領内の政務を執り行った。系図類には「暫称陶氏」と書かれ[2]、右田姓に復したとされているが、現存の古文書ではその事実を確認できず、陶姓を通したと考えられている。初め中務大輔を名乗っていたが、永正15年(1518年)には従五位下安房守に任じられた。なお、前年に家督を息子の隆康に譲っていたという。後に(鳳梧真幻)昌瑞と号し、死後の戒名となった。大永3年(1523年)10月24日、筑前国筥﨑において病のため没する[2]

弘詮の娘は興房の妻となり、その間に生まれた男子が隆房である。弘詮の死から28年後に隆房は主君・大内義隆に対して謀反を起こし、義隆の側近であった弘詮の息子・隆康とその嫡男・隆弘はこれに抵抗するも討死することになる(大寧寺の変)。

『吾妻鏡』の収集・校訂[編集]

吾妻鏡』(吉川本)右田弘詮の序文

弘詮は文人としても知られ、宗祇猪苗代兼載といった当時一流の文化人と親交があった。弘詮はそれら文化人から「吾妻鏡と号す」「関東記録」があり「文武諸道の亀鑑」と聞いていたがなかなか目にすることが出来なかったという。

しかし文亀元年(1501年)頃、その写本42帖を手に入れることが出来、数人の筆生を雇い書き写させて秘蔵した。それは治承4年(1180年)から文永3年(1266年)と、現在知られる範囲ではあったが、尚その間に20数年分の欠落があった。

このため弘詮は諸国を巡礼する僧徒、または往還の賓客に託して、京はもちろん畿内・東国・北陸に至まで尋ねまわり、ようやくにして欠落分の内5帖を手に入れる。これを最初の書写と同じ形式で書き写させて全47帖とし、その目次も兼ねて年譜1帖を書き下ろし全48帖とした。大永2年(1522年)9月5日のことである。その後書きにはこう記されている。

望む人ありといえども、かつて披見を許すべからず。暫時たりといえども室内を出すべからず。いわんや他借書写においておや。もし子孫において、この掟に背かば、不孝深重の輩となすべし。

上記の大寧寺の変の後、難を逃れた隆康の次男・元弘は安芸毛利元就を頼った。この際に弘詮の『吾妻鏡』も毛利氏に献上され、元就の次男・吉川元春の子孫に伝わることとなった。そのため、弘詮の『吾妻鏡』は今日では“吉川本”と呼ばれている。記事に3年分の欠損はあるが、現在では吾妻鏡の最善本と目されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 陶弘房・弘詮父子が右田弘篤跡を継いだ説は、信頼できる史料からは確認できていない[3]
  1. ^ a b c d e f 近藤清石 1885, 「大内系図」23.
  2. ^ a b c d e f g h 近藤清石 1885, 「大内系図」24.
  3. ^ 和田秀作 2014, p. 112, 註.43.
  4. ^ 近藤清石 1885, 「大内系図」23-24.

参考文献[編集]