右田隆次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
右田隆次
No image available.svg
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 天文20年9月1日1551年9月30日
別名 通称:右京
官位 右京亮
主君 大内義隆
氏族 多々良姓大内氏庶流右田氏
父母 父:右田興俊
兄弟 隆次、隆俊、光俊
之俊、隆正

右田 隆次(みぎた たかつぐ)は、戦国時代の武将周防国戦国大名大内氏家臣。大内氏庶流右田氏の一門。

生涯[編集]

大内義隆に側近として仕えた。天文19年(1550年)8月の仁壁神社と今八幡宮で開催される例大祭に参詣する大内義隆と相良武任を陶隆房(陶晴賢)方が襲撃するという噂が流れ、代理として隆次が参詣した。

翌天文20年(1551年)の大寧寺の変では大内義隆を守って、山口から長門国大寧寺まで義隆親子を警護し、身辺を守って討死した。

辞世の歌は「末の露本の雫に知るやいかに つひに遅れぬ世の習ひとは」

参考資料[編集]

関連項目[編集]