右翼ポピュリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

右翼ポピュリズム(うよくポピュリズム、: Right-wing populism)は右翼の政治と、ポピュリストレトリックおよび主題とを結びつける政治上のイデオロギーである。右派ポピュリズム(うはポピュリズム)とも呼ばれる。ポピュリストのレトリックはしばしば反エリート感情、エリートが創った制度への反抗そして「庶民」を支持する発言から成る。主にイスラム世界からの移民に反対することで知られていたり、ほとんどの場合欧州懐疑主義の立場に立っていたりするということでも知られているグループ、政治家そして政党がヨーロッパには存在する。ヨーロッパではそれらを記述するのに右翼ポピュリズムという表現が使われる。西洋の右翼ポピュリズムは一般にネオ・ナショナリズム反グローバリズム、移民排斥主義(nativism)、保護貿易主義そして移民受け入れへの反対(opposition to immigration)といったイデオロギーと――それらとだけではないけれども――結びついている。社会保障制度のために支援を増加させることに反対することや、「より豊富だがより抑制的でもある国内社会のための支出」政策といった伝統的右翼の見解もまた右翼ポピュリズムを理由にして表明される。それらの見解は「福祉排外主義」(welfare chauvinism)と呼ばれることもある。

関連項目[編集]