右脳の達人シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

右脳の達人シリーズ(うのうのたつじん -)はバンダイナムコゲームスから発売されたニンテンドーDS用ソフトのシリーズ。鹿屋体育大学教授[1]児玉光雄の監修する右脳トレーニングゲームである。

右脳の達人 爽解!まちがいミュージアム[編集]

2006年2月9日発売。

基本はニンテンドーDSの上画面と下画面の絵の違う箇所を見つけるまちがい探しゲーム(制限時間10秒)であるが、落ち葉吹き(マイクに息を吹きかけると画面上の落ち葉が吹き飛ぶ)やスクラッチなど、DSの機能を活かした問題も出題される。

右脳の達人 ガンバれっトレーナー[編集]

2006年5月18日発売。

ナムコ時代に発売されていたガンシューティングゲームガンバレットシリーズ」の新作でもあるが、タッチペンによる操作になっている。

ブレインマッサージ
その日毎の注意力、命中力、反応力、判断力、正確性、総合力を判断する脳トレ風のモード。
アーケード
従来のガンバレットシリーズと同じモード。「練習」は4ステージ、「初級」「上級」「激ムズ」は8ステージ構成。
フリープレイ
自由にステージを選んでプレイできるモード。
対戦
1カートリッジ、本体2台による対戦(DSダウンロードプレイ)。4ステージ構成。
エレメカミュージアム
ナムコのエレメカを遊べるモード。収録ゲームはワニワニパニック、カニカニパニック、シュータウェイII、コズモギャングズ。

右脳の達人 ひらめき子育てマイエンジェル[編集]

2006年9月7日発売。

旧ナムコ時代に発売されていたクイズゲーム子育てクイズマイエンジェル』シリーズの系譜につながるソフトでもある。但しキャラクターデザインは『子育てクイズマイエンジェル』シリーズとは大幅に異なる。

すこやかモード

ゲーム開始時点で生まれたばかりの自分の子供を設定し、右脳クイズを1ゲームプレイするたびにプレイ内容に応じてその子が1歳ずつ成長し、学校入学や運動会、習い事、家族旅行といったイベントが発生。子供が21歳になるまでをプレイする。

ふれあいモード

自分のプレイしたいタイプの右脳クイズを自由に選択できるモード。

右脳の達人 爽解!まちがいミュージアム2[編集]

2007年3月1日発売。

『まちがいミュージアム』の続編。サーチライト(タッチした周辺が明るくなる)や動物声まねといった新モードを追加。

脚注[編集]

  1. ^ 本シリーズ展開中の2006年10月より教授となった。