右衛門尉国久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

右衛門尉 国久(うえもんのじょう くにひさ、生没年不詳)は、室町時代大工棟梁[1]

経歴・人物[編集]

室町幕府第8代将軍足利義政の寵愛を受け、将軍家御大工、禁裏大工惣官となる[1]足利将軍家の邸宅である小川殿や、文明14年(1482年)に造営が始まった東山殿(銀閣寺)の建築責任者を務めた[2]。右衛門尉は官名[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『右衛門尉国久』 - コトバンク
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『右衛門尉国久』 - コトバンク