右近徳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
右近 徳太郎 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ウコン トクタロウ
ラテン文字 UKON Tokutaro
基本情報
生年月日 1913年9月23日
大日本帝国の旗 大日本帝国, 兵庫県武庫郡
没年月日 1944年3月??日(満31歳没)
オーストラリアの旗 オーストラリア委任統治領, ブーゲンビル島
身長 173cm[1]
選手情報
ポジション FWHBFB
ユース
兵庫県立第一神戸中学校
1931-1937 慶應義塾大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
神戸クラブ
代表歴
1934-1940 日本の旗 日本 5 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

右近 徳太郎(うこん とくたろう、1913年9月23日 - 1944年3月)は、兵庫県武庫郡住吉村(現:神戸市東灘区)出身のサッカー選手

豊富な運動量[2]とパスの技術に長けるゲームメーカーで、フォワードからフルバックまでどこでも水準以上のプレーをして見せたという。

生涯[編集]

1913年9月23日実業家資産家右近福次郎、とき(旧姓小寺)の子として、住吉村にて生まれる。。兵庫県立第一神戸中学校(現:兵庫県立神戸高等学校)の4年生だった1930年、第12回全国中等学校蹴球選手権大会で全国優勝を経験。翌1931年慶應義塾大学に入学し、ソッカー部では予科1年時から主力選手として活躍。在籍中、チームは関東大学リーグなど大学対抗大会において数々の好成績を挙げた。当時のソッカー部監督だった松丸貞一をして「天才」と言わしめたという。

大学在学中の1934年5月に開催された第10回極東選手権競技大会サッカー日本代表に選出されて、5月15日のフィリピン代表戦で初出場した[3]

1936年にはベルリンオリンピックサッカー日本代表に選出され、1回戦のスウェーデン代表戦で同点ゴールを挙げた(ベルリンの奇跡を参照)。

1937年に慶應義塾大学法学部政治科を卒業[4]明治鉱業に入社した。1940年6月16日に甲子園南運動場で開催された紀元二千六百年奉祝東亜競技大会のフィリピン代表戦が最後の日本代表としての出場となった[1]

1942年第二次世界大戦のため召集を受け陸軍に従軍、1944年3月にブーゲンビル島戦死したと伝えられている[5]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ: 5試合 1得点 (1934-1940)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1934 2 0 0 0 2 0
1935 0 0 0 0 0 0
1936 2 1 4 1 6 2
1937 0 0 0 0 0 0
1938 0 0 0 0 0 0
1939 0 0 0 0 0 0
1940 1 0 1 0 2 0
通算 5 1 5 1 10 2

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1 1936年8月4日 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国ベルリン スウェーデンの旗 スウェーデン 3-2 ベルリン五輪

出典[編集]

  • 竹之内響介『ベルリンの奇跡—日本サッカー煌きの一瞬』賀川浩 (監修)、東京新聞、2015年2月19日。ISBN 9784808310066。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 紀元二千六百年奉祝東亜競技大会”. 日本サッカー協会. 2015年11月29日閲覧。
  2. ^ 第31回 右近徳太郎 戦野に散ったサッカー人。ベルリン逆転劇の2点目を決めた不思議な天才”. 賀川サッカーライブラリー (2005年8月16日). 2012年7月5日閲覧。
  3. ^ 第10回極東選手権大会”. 日本サッカー協会. 2015年11月29日閲覧。
  4. ^ 慶応義塾編『慶応義塾総覧 昭和15年』慶応義塾、1940年、275-276頁。
  5. ^ 竹内 p.213

関連項目[編集]