叶修二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
叶 修二
出生名 古俣修二
生誕 (1948-01-01) 1948年1月1日
出身地 日本の旗 日本新潟県新潟市
死没 (2014-02-21) 2014年2月21日(66歳没)
ジャンル 歌謡曲
職業 歌手
活動期間 1965年 - ?
レーベル 日本グラモフォン

叶 修二(かのう しゅうじ、1948年1月1日 - 2014年2月21日[1][2][3])は、1960年代から1970年代にかけて活躍した日本の歌手[2]。本名、古俣 修二(こまた しゅうじ)[1][2][3]

新潟県新潟市出身[1][2][3]

経歴[編集]

1965年日本グラモフォンから「素敵なやつ」で歌手としてデビューし[1][2][3]、テレビドラマ『スパイキャッチャーJ3』(東映NET)の主題歌などのヒット曲を出す[1]1967年には、レコード会社各社の競作で発表された1970年日本万国博覧会(大阪万博)のテーマソング「世界の国からこんにちは」のグラモフォン版の歌唱を務めた[1][3]

遠藤実の門下生である[2]

その後、故郷の新潟に戻り[2]県内のイベントにも2013年までに特別出演したが[2]2014年2月21日、腹部大動脈瘤による出血性ショックのため新潟市内の病院で死去した[1][2][3]。享年66。叶の死は長く伏せられており、2018年8月になって公表されたことが明らかになった[1][2][3]

ディスコグラフィー[編集]

  • 素敵なやつ / あの娘かわいい月見草 (1965年1月5日臨発) SDR-1057 ポリドール・レコード(日本グラモフォン)
  • 青春小唄 / 青春の夜曲 (1965年4月) SDR-1077
  • 夢でいいから / いつもの人は (1965年5月5日) SDR-1097
  • 鈴蘭の乙女 / 湖畔の誓い (1965年7月5日) SDR-1116
  • すゝきの丘 / 涙にキッス (1965年9月5日) SDR-1137
  • イカスやつ / 樹氷の花 (1965年11月5日) SDR-1150
  • 太陽にキッスを / 涙の誓い SDR-1164
  • 谷間の灯ともしころ / スパイ・キャッチャー SDR-1197 (B面:テレビドラマ「スパイキャッチャーJ3」主題歌)
  • アカシアの別れ / 面影 SDR-1256
  • 世界の国からこんにちは / 世界の国からこんにちは(instrumental)SDR-1260
  • 抱きしめて抱きしめて / いつまでも愛していたい SDR-1360 (叶修二、ジ・アイドルズ)
  • 恋が消えた / ローラに逢いたい

テレビ番組[編集]

脚注[編集]