号泣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
号泣
メンバー 赤岡典明
島田秀平
結成年 1996年
解散年 2008年
事務所 ホリプロコム
活動時期 1996年3月 - 2008年6月2日
出会い 長野県公文式教室(4歳当時)
現在の活動状況 解散(島田はピン、赤岡は脚本家として活動)
芸種 漫才
ネタ作成者 赤岡典明
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
続!ボキャブラ天国
クリック!
エンタの神様
アイドル☆レボリューション
公式サイト 島田公式プロフィール
受賞歴
1998年 ホリプロお笑いライブ芸腕グランプリ優勝
2001年 ホリプロお笑いライブ芸腕グランプリ優勝
テンプレートを表示

号泣(ごうきゅう)は、ホリプロコムに所属していたお笑いコンビ。1996年1月結成、2008年6月解散。

メンバー[編集]

来歴[編集]

4歳の時に、公文式教室で出会う。長野市立通明小学校、長野市立篠ノ井東中学校の同級生。2人とも長野県屋代高等学校を受験するが島田は不合格。別々の高校に通っていたが、赤岡の誘いで屋代高校の文化祭で「ダンククラッチ」というコンビ名で漫才を披露し優勝。

1996年1月に号泣を結成し3月デビュー。コンビ名は略されたくないという意図と、テレビ欄によく載っている言葉を選んで売れているような感じを与えようとつけた。また、赤岡がドッキリを仕掛けようと、島田の椅子に画鋲を仕掛けたところ、知らずに座ってしまった島田が痛みのあまり「号泣」したというエピソードがあり、それがコンビ名の由来に一役買っているとの説もある。事務所の先輩和田アキ子から「幼馴染で仲が良いから」という理由で「ベストフレンズ」というコンビ名を提案されたことがある[2]

デビュー当初はホリプロ所属。2003年1月、旧M2カンパニーを前身とする子会社・ホリプロコムの発足により同社に移籍。

1998年、『進ぬ!電波少年』の人気コーナー「電波少年的懸賞生活」の企画オーディション(内容はくじ引き)にも参加したことがある[3]

二人は浅草の狭いアパートで共同生活をしていた。仕事がろくに来ないなど不遇の時代が長らく続いて公共料金を払えずに電気やガス、水道はすべて止められていた程でアルバイトでどうにか食い繋いでいる状況でもあった。

爆笑オンエアバトル』では、番組内で最多出演記録を持っている。しかし、チャンピオン大会には第1回から第3回まで3年連続で出場しているものの、いずれも大苦戦しており、通常回以上に成績が悪い傾向にあった(後述)。「ホリプロお笑いライブ芸腕グランプリ2」ではアリtoキリギリス坂道コロコロ(当時)らを抑え見事優勝、「芸腕グランプリ2001」でも敗者復活からの優勝を果たした。

M-1グランプリには、第1回の2001年から結成10年目ラストイヤーの2006年まで挑戦。2001年、2003年、2005年に準決勝に進出した。

2008年6月2日に解散。解散理由について、島田は「M-1グランプリの決勝に進出できなかったこと」を挙げている[4]。両者とも30歳になる頃にはコンビ結成10年となりM-1グランプリに出られなくなる事から、それを区切りと考えており、赤岡が島田に「他の仕事がしたい」と持ちかけ、解散が決まった[2]。それについて島田は赤岡から「そろそろ言われるな」と思っていて、「幼馴染だからよくわかる」などと語っている。解散後、島田はピンで活動を続けていくことになり、赤岡は2016年現在、構成・脚本家として活動している。

芸風[編集]

初期は漫才が中心で、その後は言葉遊びネタ(回文など)が主流になった。そのためか「お笑い界の国語辞典」の異名を取る。たまに音響を使ったコントもする。

賞レース[編集]

  • 2001年 M-1グランプリ 準決勝進出
  • 2002年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2003年 M-1グランプリ 準決勝進出
  • 2004年 M-1グランプリ 3回戦進出
  • 2005年 M-1グランプリ 準決勝進出
  • 2006年 M-1グランプリ 3回戦進出

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー
レギュラー以外
  • 爆笑オンエアバトルNHK総合)戦績20勝12敗 最高507KB ゴールドバトラー認定
    • 出場回数32回は番組最多記録。漫才で30回、コントで2回挑戦したがコントでのオンエアは通常回で一度も無く全てのオンエアが漫才であった。[5]
    • 敗戦が12回[6]と多いがそのうち4回は300KB台、2回は400KB台[7]で全て6位敗退である。なお300KB台でのオンエアも7回経験している。
    • 上述にもあるようにチャンピオン大会ではかなり苦戦しており、通常回においては1度も経験した事が無かった「100KB台」と「最下位」をいずれも経験している(特に100KB台に関しては出場した全ての回で記録しており、最下位も第2回を除いた全ての回で記録している。因みに第2回においても本戦では11組中10位であり、順位をあと1つ落としていれば最下位であった。なお、その時最下位だったドランクドラゴンが149KBを記録したのに対し、号泣は153KBを記録してボール1個差であった)[8]
    • また、審査員が200人制(満点も1090KBに変更)へとルールが改正された第4回チャンピオン大会以降は、出場への最低条件(年間4勝)はクリアするもののKB数が足りなかったために惜しくも出場を逃してしまったり[9]、年間3勝目を挙げた後に2連敗を記録した事もあるなど、惜しくもあと1歩の所で出場を逃す事が多く、最終的には1度も出場できなかった。なお、25回以上出場している芸人の中で第4回以降のチャンピオン大会に出場経験が無いのは号泣、シャカ坂道コロンブスの3組のみ[10]となっている。
    • 1999年度から2001年度までは通常回において13勝2敗と好成績を残していたが、2002年2月2日放送回から2003年1月11日放送回までは一転して不調に陥り5連敗を記録[11]してしまい、約1年半オンエアから遠ざかっていた。2003年5月30日放送回にてようやくリベンジ(381KB・4位)を果たしたものの、以降は連勝と連敗を繰り返すなど、苦戦する事が多くなった。2002年2月2日放送回から最後の出場となった2006年1月21日放送回までの通算成績は7勝10敗と負け数が勝ち数を上回っている[8]
    • 番組では2代目司会者である森下和哉アナウンサーとの関係が深い。初共演となる2000年7月16日放送回の収録では赤岡が森下アナに「番組最後の「あなたたちです」を僕にやらせて欲しい」とお願いしたのが始まりであり、同年10月1日放送回では「オーバー500で1位を取ったら森下アナの「あなたたちです」を赤岡が行う」という公約を掲げたが、結果は437KBで3位だった。この時森下アナは嬉しそうな表情で結果を発表していた。続く2001年1月28日放送回でもその公約に挑戦したが、473KBで3位に終わり、更に達成出来なかった場合は「次回の東京収録で前説を行う」という公約であり、その東京収録で前説を行った。この様子は同年3月4日放送の番外編でオンエアされた。同年7月28日放送回の勝者コメントでは森下アナに「結婚しているのに番組では薬指に指輪を付けていない」とコメントし、森下アナは「帰って妻と相談します」と皮肉混じりにコメントした。また同年10月13日放送回の計量前のシーンでは島田が森下アナの左手の薬指を確認していた。因みに森下アナ卒業後に彼らは番組でオーバー500とトップ通過を果たしているが、同じ回ではない。[12]
      • 第1回チャンピオン大会 予選10位敗退
      • 第2回チャンピオン大会 本選10位
      • 第3回チャンピオン大会 決勝11位
  • エンタの神様(日本テレビ)キャッチコピーは「ホリプロいちおし笑いのホープ」
  • クイズ赤恥青恥テレビ東京)テレビ初出演、デビュー間もない頃にクイズの解答者として1回のみ登場
  • 新春かくし芸大会(フジテレビ、2000年)芸人仲間と「ザ・ヒットスラップオーケストラ」に挑戦
  • 27時間テレビ(フジテレビ、2001年・2002年)「真夏の夜の爆笑ヒットパレード」に出演
  • HR(フジテレビ、2002年10月 - 2003年3月)前説担当だが時々脇役で出演
  • 第54回NHK紅白歌合戦(NHK総合、2003年)はなわテツandトモの応援に芸人仲間と登場
  • お台場お笑い道フジテレビ721、2005年5月29日 - 複数回出演)
  • M-1グランプリ敗者復活戦スカイ・A sports+、2005年)
  • 最強お笑い芸人決定戦 時間無制限100本勝負 エンドレスサマー!!(日本テレビ、2005年7月23日)
  • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ、2005年・2007年)
  • 本気で芸能人勉強会 地球温暖化防止スペシャル!(東京MX、2005年9月17日)
  • みつめて!信州生テレビ長野朝日放送、2005年 - 2007年)
  • お笑いチャンピオンボウリング2ジャパンカップ2005(フジテレビ、2005年10月14日)
  • DAI★安BSフジNAVIBSフジ、2005年10月24日)
  • お笑い登龍門 ガッハ(フジテレビ721、第6回)
  • お笑い日本シリーズ爆連発スペシャル(RKB毎日放送、2005年12月30日)
  • 細木数子が緊急大予言・アナタの将来を幸せにするSPテレビ朝日、2006年1月1日)
  • イエヤスCBCテレビ、2006年1月4日)
  • 北野タレント名鑑(フジテレビ、2006年2月9日)
  • ザ・駅前テレビ(長野朝日放送、2006年4月1日 - 複数回出演)
  • ド短期ツメコミ教育!豪腕!コーチング!!(テレビ東京、2006年4月10日)
  • 笑いがいちばん(NHK総合、2006年7月23日)
  • abnステーション(長野朝日放送、2006年8月4日)
  • ワンダフル信州人!!(信越放送、2006年12月24日)
  • 346Bar(信越放送、2007年5月31日・6月7日)
  • 芸能人ドッキリ!(秘)性格改善クリニック(フジテレビ、2007年10月16日)
  • 笑いの金メダル

ラジオ[編集]

レギュラー
  • ラジオDEアミーゴ(信越放送、2006年10月 - 2008年6月)
  • わくわくわいど! アッパレ大通り(信越放送、2007年4月 - 2008年6月)
  • ストリームTBSラジオ、2003年 - 2004年)「UCCスマイルデリバリー」に出演
  • 男汁(信越放送)
レギュラー以外

インターネット[編集]

  • 芸人川柳グランプリ(GyaO、2007年2月15日)赤岡のみ

映画[編集]

DVD[編集]

  • 声に出してボケたい日本語(ホリプロ、2005年10月19日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』 日外アソシエーツ、2004年6月、13頁。ISBN 978-4-8169-1852-0
  2. ^ a b 2010年9月30日放送回『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』(テレビ朝日系)の企画「元・コンビ芸人」に出演した島田談
  3. ^ ビデオ『なすびの電波少年的懸賞生活のすすめ 其の壱』 バップ、1998年。
  4. ^ 「お笑い界の押さえドコ島田秀平 コンビ解散のどん底から、「行列ができる手相芸人」に」、『日経エンタテインメント!』第14巻第13号、日経BP社、2010年4月、 pp.97。
  5. ^ 第3回チャンピオン大会セミファイナルAブロックでは漫才ではなくコントを披露しており、この回が唯一のコントでのオンエアとなる(但し、この回のチャンピオン大会からは勝敗に関係なく全組がオンエアされる)。
  6. ^ きぐるみピエロ火災報知器に次いで6位。
  7. ^ 421KB、425KBで敗退。
  8. ^ a b オンバトサポーター - 号泣
  9. ^ 2001年度は年間合計KBランキングが23位、2003年度は惜しくも21位(三拍子と並んで合計1728KBを記録。なお、20位の長井秀和は1732KBを記録しており、ボール1個差であった)を記録。
  10. ^ なお、シャカに関しては第3回大会以前も1度も出場経験が無い。
  11. ^ 因みにこの間の成績は6位を4度、7位を1度記録するなど、いずれもあと1歩の所でオンエアを逃していた。
  12. ^ 2003年9月5日放送回では501KBだったが、2位通過であり(1位は525KBを記録したパンクブーブー)、2005年8月27日放送回ではトップ通過を果たしたが497KBだった為、もう一個入っていればオーバー500だった。