各務原トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
各務原トンネル
概要
位置 岐阜県の旗 岐阜県
現況 供用中
所属路線名 E41 東海北陸自動車道
起点 岐阜県各務原市
終点 岐阜県関市
運用
所有 中日本高速道路株式会社
通行対象 自動車
技術情報
全長 (上り線)3,050m
(下り線)3,015m
道路車線数 (上り線)2車線
(下り線)2車線
設計速度 80 km/h
テンプレートを表示

各務原トンネル(かかみがはらトンネル)は、岐阜県各務原市関市の境にある東海北陸自動車道トンネル(一部、岐阜市も通過している)である。北山(308m)と権現山(317m)を貫き、上りは3,050m 下りは3,015m。

東海北陸自動車道 各務原トンネル 上り線
東海北陸自動車道 各務原トンネル 下り線

概要[編集]

1986年(昭和61年)3月の東海北陸自動車道岐阜各務原ICから美濃ICまでの開通と同時に各務原トンネルも供用開始した(トンネルは、岐阜各務原ICと関IC間に位置する)。

直線トンネルとしては国内有数の長さであり東海北陸道全体でも4番目の長さである。

片側2車線で、トンネル内での進路変更・追い越しのためのはみ出しは禁止となっている。

トンネル長[編集]

  • 上り線(一宮方面) 3,050m
  • 下り線(高山方面) 3,015m

関連事項[編集]