各務山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
各務山
Mount Kakami (2012-11-10).jpg東側の愛宕山から望む各務山と山麓の苧ヶ瀬池
IMG Kakami mountain.JPG
西から望む各務山
標高 170[1] m
所在地 日本の旗 日本
岐阜県各務原市
位置 北緯35度24分36秒
東経136度53分45秒
山系 美濃三河高原
各務山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

各務山(かかみやま)は、岐阜県各務原市にある標高170m。地元では前山と呼ばれている。

概要[編集]

赤星山と地続きになっており、東西に細長い山である。 1960年頃に東側の赤星山から、1970年頃に北側の各務山から採土が進められ、1975年には赤星山跡に中央団地が、1979年には各務原市立中央小中学校[2]が完成した。 その後も採土が進められ、2016年現在、山は中心部と東にわずかに残るのみであり、近々消滅の危機にさらされている。 東側に三角点(点名:前山)があるが、採土の影響により度々麓へ移動している。

登山道[編集]

70年ほど前までは赤星山との境界に登山道があったが、採土により山ごと消滅した。

周辺の山[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地図閲覧サービス 2万5千分1地形図名: 岐阜北部(岐阜)国土地理院
  2. ^ 各務原市立中央小・中学校が建っている場所は、かつて赤星山であった。そのため、山頂であった北舎の屋上に三角点(点名:各務山)がある。赤星山は、太平洋戦争時、陸軍各務原飛行場、及び周辺の軍需工場の防空壕が存在したが、1945年(昭和20年)6月22日の各務原空襲の際1t爆弾の直撃を受け、多くの犠牲者がでた。