合コン!合宿!解放区!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
合コン!合宿!解放区!
ジャンル バラエティ番組
出演者 桂小枝
蓮舫
清水圭
ほか
製作
制作 朝日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
金曜日時代
放送期間 1990年5月4日 - 1991年3月29日
放送時間 金曜 23:25 - 翌0:20
放送分 55分
土曜日時代
放送期間 1991年4月6日 - 1992年3月28日
放送時間 土曜 23:55 - 翌0:50
放送分 55分

合コン!合宿!解放区!』(ごうこん ごうしゅく かいほうく)は、朝日放送1990年5月4日から1992年3月28日まで放送されていた視聴者参加型恋愛バラエティ番組である。

番組概要[編集]

放送時間の移り変わり[編集]

スタート当初は金曜日深夜に放送していた『クイズ仕事人』が全国ネット化して、月曜日に移行したため、その後を受けてスタートした。スタート当初は、関西ローカル放送(毎週金曜日23:17 - 翌0:17放送)だったが、翌年の1991年4月にそれまで毎週土曜日23:30 - 翌0:25に放送していた『探偵!ナイトスクープ』が金曜日に移動した事に伴い、毎週土曜日23:55 - 翌0:50の放送へと移動した。ちなみに『ナイトスクープ』と同じ枠であるにもかかわらず放送開始時間が25分遅くなっている理由は、『ニュースフロンティア』開始に伴いテレビ朝日系の土曜夜11時からのニュース番組の放送時間が30分から55分に延びたためで、金曜夜11時台枠と土曜夜11時台枠の番組の交換もこれと同時に行われている。

放送期間 放送時間
1990年5月 - 1991年3月 金曜 23:25 - 翌0:20
1991年4月 - 1992年3月 土曜 23:55 - 翌0:50

その年の10月には、一部のテレビ朝日系列局で番販ネット化されたが、結果的には思うように視聴率が伸びず、1992年3月に終了した。最終回は、司会者、レギュラー総出演の「合コン!合宿!解放区!最終回スペシャル」というタイトルで放送され、出演者全員の宴会が行われ、夜這いの演出まで行い番組を締めくくった。

後番組はダウンタウン司会の『摩訶不思議 ダウンタウンの…!?』となる。

司会[編集]

  • 桂小枝
  • 蓮舫(1990年5月 - 1991年3月、現・参議院議員
  • 清水圭(1991年4月 - 1992年3月)

レギュラー[編集]

  • 川下大洋(プロポーズ30秒出場者紹介、ナレーション)
  • 百田尚樹(番組構成の傍らソクラテス・プラトン百田大先生の名で出演。主に合コン合宿の模様と夜這いの予想解説も兼ねていた)
  • 平田進也日本旅行添乗員)
  • 北村裕子(アイドルグループザ・ポチ!加入前に「出場チーム入場&合宿出発時のプラカードガール」の一員として出演していた)
※この他、ごくまれにゲストで若林正人が出演していたことがある。

レポーター(合コン合宿の模様を伝える役)[編集]

※司会の小枝・清水やナレーションの川下、さらに平田進也などもレポーターで合コン合宿の模様を伝えたことがある。

番組の流れ[編集]

オープニング・出場チーム入場[編集]

  • 司会者が「合コン!合宿!解放区!」とタイトルコールを放ち、登場。そして、オープニングトークを行う。そして、ソクラテス扮する百田の先導で、男性5人の3チームが入場をし、後から、女性5人の1チームが入場をする。チーム紹介は川下大洋が行っていた(その時に流れる曲がキダ・タロー作曲の「合コン行進曲」)。

プロポーズ30秒[編集]

  • 男性3チームが30秒間アピールを女性5人の1チームにする。中には、放送できないアピール内容があった場合、その時は「あまりにも過激過ぎるので省略します」とカットしていた。アピール終了後に女性5人は、3チームのうち1チームに合宿権を与えるための審議を行う。審議に時間が掛かるため、発表は、エンディングで行う。
  • 番組中期~末期には、アピール終了後に女性5人の1チームが各チームに判定を行い、ポイントが高いチームにアドバンテージが与えられた。
  • 審議は収録場所だったABCホールの楽屋で行われた(別室前レポートで、ABCホールの名前が書いた看板が映っていた)。 審議の内容は、プライバシーの観点からか一切放映されなかった。

合コン合宿[編集]

  • プロポーズ30秒の審議中に、司会者、レポーター、百田を交えて(ただし、ゲストが来ていたときは、百田は出ていなかった)の「合コン合宿」を伝える。
  • 最初に、女性5人1チームと合宿権を獲得した男性1チームの紹介を川下のナレーションで紹介する。紹介の入り方は、小枝が「実はこんなチームだったんですね。見てみましょう。」と言って入っていたが、番組末期は、レポーターが言っていた。
  • 合コン合宿は、主に関西圏の有名な一流ホテルか旅館で行われ、そのホテルと旅館の紹介も支配人か女将が紹介し、お問い合わせの電話番号を字幕で出すなど、視聴者サービスも行っていた。(合宿ツアーの添乗員が平田進也である。)
  • 男性1チームと女性5人1チームがフリータイムで話したり、宴会で話したりするなどをしていた。

愛の夜這い告白[編集]

  • 男性1人が、寝た振りをしている女性の前で、告白を行う。
  • 女性が起きれば、カップル成立、布団にもぐれば、カップル不成立となる。「ねるとん紅鯨団」で適用していた「ちょっと待った!」を宣言しての割り込み告白は、認めていなかった。パーフェクトが出たのは、実際に少なく、完全不成立で全滅の時も多かった。実際、結婚に至ったカップルも非常に少なかった。

出場チームへの賞品[編集]

出場したチームには、スポンサーではなかったが、もれなく資生堂大日本製糖等から賞品が送られた。また合宿権を獲得した男性チームには、豪華な賞品が送られた。

愛の判定・エンディング[編集]

  • エンディング前に男性1チームの合宿権が決まる「愛の判定」が行われた。番組初期から中期には、小枝が別室前に行き、決断を決めた女性チームが書いた封筒を小枝が受け取り、小枝がスタジオで1チームを発表をしていたが、中期から末期には、清水が別室前で、チーム紹介をした後、女性チームの代表が1チームを発表をしていた。そして、女性チームが書いた手紙を合宿権を得たチームに小枝が代読していたが、番組中期~末期は、女性チームの代表が読んでいた。発表の仕方は「本日の出場チームを紹介します。○○○チーム、△△△チーム、□□□チーム、見事合宿権を手に入れたのは、○○○チームです。」とコールしていた。 
  • そして、合宿権を得たチームは、ただちに出発し、「合コン行進曲」が流れ、そして、エンディングを迎え番組を締めくくる。
  • エンディングで司会者が「この合宿の模様は、来々週にお伝えします。」と言っていた。これは、番組収録後に「合コン合宿」の収録(殆どが午後から)が行われ、収録と編集に時間を費やすためや、スタジオ収録が2本撮りであったため、その合コン合宿の模様を2週間後に放送する体裁を取っていたためである。

テーマ曲[編集]

番組エピソード[編集]

関連項目[編集]

朝日放送 金曜日23:25 - 翌0:20枠
前番組 番組名 次番組
クイズ仕事人
【月曜 20:00 - 20:54枠に移動の上、全国ネット化】
合コン!合宿!解放区!
(1990年5月 - 1991年3月)
探偵!ナイトスクープ
【土曜日23:30 - 翌0:25から移動】
朝日放送 土曜23:55 - 翌0:50枠
探偵!ナイトスクープ
【金曜日23:25 - 翌0:20枠に移動】
合コン!合宿!解放区!
(1991年4月 - 1992年3月)