合同のとらえなおし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

合同のとらえなおし(ごうどうのとらえなおし)は、1969年6月24日日本基督教団と沖縄キリスト教団が「合同」したもののヤマトにとっても、沖縄県にとってもそのことについての意味合いを十分に認識していなかったということが、1978年頃以降に段々認識されるようになり、日本基督教団内において今日に至るまで論議が続けられてきている論議のこと[要出典]

現況[編集]

殘念ながら、今のところはお互いに意思疎通が図られておらず、日本基督教団の総会においては廃案続きで解決のメドはたっていない[要出典]

沖縄側の視点では「この『合同』は対等合併」で、本土側の視点では「元々1つの群れが再合流」という、認識の差異が際立っている[要出典]

経緯[編集]

関連項目[編集]