半保護されたページ

合田雅吏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ごうだ まさし
合田 雅吏
本名 合田雅史
生年月日 (1970-01-09) 1970年1月9日(51歳)
出生地 日本の旗日本神奈川県秦野市
民族 日本人
身長 183cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1995年 -
配偶者 既婚
事務所 スターダストプロモーション
主な作品
テレビドラマ
超力戦隊オーレンジャー
水戸黄門
テンプレートを表示

合田 雅吏(ごうだ まさし、1970年1月9日[1] - )は、日本俳優である。

神奈川県出身[1][2]神奈川県立小田原高等学校早稲田大学教育学部卒業。所属事務所は、スターダストプロモーション[2]。身長183cm[注釈 1]。血液型はO型。趣味・特技はサッカー[1]日舞ビリヤード料理

略歴

人物

  • 1970年、神奈川県秦野市で生まれる。
  • 学生時代は神童だったらしく、中学2年生の途中から成績はオール5でサッカー部のキャプテンでもあった。
  • モデルとして活躍をしていたがそれを仕事にする気はなく、就職活動を経て大手の証券会社へ入社する。
  • 『超力戦隊オーレンジャー』のオーディションには、百貨店のトイレでスーツから私服に着替えて行った。
  • オーディションには受かったが、上司や支店長にまで引きとめられ、撮影直前まで会社を辞められなかったという。
  • 『オーレンジャー』では、当初「気が強くて現代風」という役柄の設定がつかめず10話ぐらいまでキャラクター作りを思い悩んでいたが、脚本家の井上敏樹から「自分の思ったことを素直に出せばいい」とアドバイスされ、自身の地に近い演じ方をしたという[1]
  • 時代劇専門チャンネルがプロデュースする時代劇ファンの部活サイト時代劇うぇ部でコラムを連載している。
  • 『水戸黄門』で長年相棒として共演した佐々木助三郎役の原田龍二とは撮影以外の私生活でも「助さん」「格さん」と呼び合っており家族ぐるみの仲でもある。また出演した7年間同じ楽屋で共に過ごし、共演者の間ではあまりの仲の良さや距離の近さから関係を怪しまれてたとのこと。

出演

テレビドラマ

バラエティ

ドキュメンタリー

  • にっぽん釣りの旅 大ヤマメを追って〜合田雅吏 栃木県鬼怒川〜(2011年7月10日、NHK BSプレミアム)
  • UZUMASAの火花(2014年1月9日、NHK BSプレミアム)
  • 奇跡の地球物語 放送200回記念・マダガスカルPart1,2(2014年1月12日,19日、テレビ朝日)

映画

オリジナルビデオ

舞台

  • 12人の正しい内閣
  • ハムレット
  • リア王
  • グリークス 10本のギリシャ劇によるひとつの物語(蜷川幸雄演出)
  • 舞台「水戸黄門」(明治座・御園座)
  • 朗読劇「苦情の手紙」(博品館劇場)
  • りんご〜木村秋則物語〜(ル・テアトル銀座 他)
  • 歌舞劇「綺譚・桜姫」(御園座)
  • ロミオとシラノとジュリエット
  • 乃木坂倶楽部「スペシャル・ディナー」
  • 名探偵ポワロ〜ブラックコーヒー〜(三越劇場)
  • 舞台「水戸黄門」(博多座・新歌舞伎座)
  • 劇団NLT「恋の冷凍保存」-主演(俳優座劇場)
  • 春秋会男組公演vol.3「応挙絵噺再幽霊」-主演(三越劇場)
  • 天童よしみ特別公演「歌謡時代劇-乙女心二人模様-」(新歌舞伎座・明治座)
  • 劇団NLT「旦那様は狩りにお出かけ」(俳優座劇場)
  • 天童よしみ師走公演(新歌舞伎座)
  • ミュージカル「さよならソルシエ」(Zeppブルーシアター六本木)
  • 舞台「戦国無双」四国遠征の章(AiiA 2.5 Theater Tokyo)
  • 天童よしみ公演「ガード下の靴みがき」(新歌舞伎座)
  • ミュージカル「さよならソルシエ」再演(シアター1010)
  • 天童よしみ特別公演(中日劇場)
  • リア王2017(三越劇場)
  • 舞台「ジョーカー・ゲームII」(シアター1010、メルパルクホール)

その他

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 1996年時点のプロフィールでは182センチメートルであった[1]

出典

  1. ^ a b c d e f 「メモリアル座談会」『超力戦隊オーレンジャー超全集小学館てれびくんデラックス〉、1996年3月1日、71-75頁。ISBN 4091014518。
  2. ^ a b STARDUST - スターダストプロモーション - 合田雅吏のプロフィール”. 株式会社スターダストプロモーション. 2021年1月14日閲覧。