吉備郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 中国地方 > 岡山県 > 吉備郡
岡山県吉備郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域 水色:後に他郡から編入した区域)

吉備郡(きびぐん)は、岡山県にあった

郡域[編集]

1900年明治33年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 岡山市
    • 北区の一部(真星、上高田、山上、石妻、杉谷、日近、足守、下足守、高松稲荷、平山、立田より南西かつ高松原古才、三手、高塚より北東[1]
  • 倉敷市の一部(真備町各町・玉島服部)
  • 総社市の大部分(赤浜、下林、上林、三須、真壁、三輪、中原、清音柿木、清音上中島より南東および中央・駅前の各一部を除く)
  • 加賀郡吉備中央町の一部(北・岨谷・西・宮地・竹部・上野)

歴史[編集]

  • 明治33年(1900年4月1日 - 郡制の施行により、下道郡賀陽郡(2町16村)の区域をもって発足。以下の町村が所属。郡役所が総社町に設置。(2町30村)
    • 旧・下道郡(14村) - 岡田村川辺村二万村穂井田村呉妹村箭田村薗村(現・倉敷市)、新本村山田村久代村下倉村水内村秦村神在村(現・総社市)
    • 旧・賀陽郡(2町16村) - 庭瀬村真金村高松村生石村(現・岡山市)、服部村阿曽村総社町浅尾村池田村日美村富山村(現・総社市)、大和村菅谷村(現・加賀郡吉備中央町)、福谷村岩田村日近村大井村足守町(現・岡山市)
  • 明治34年(1901年2月6日 - 庭瀬村が町制施行して庭瀬町となる。(3町29村)
  • 明治41年(1908年2月11日 - 総社町・浅尾村が合併し、改めて総社町が発足。(3町28村)
  • 大正4年(1915年11月10日 - 高松村が町制施行して高松町となる。(4町27村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和4年(1929年8月1日 - 真金村が町制施行して真金町となる。(5町26村)
  • 昭和7年(1932年)4月1日 - 菅谷村が御津郡加茂村・福山村と合併して御津郡津賀村が発足。(5町25村)
  • 昭和12年(1937年5月5日 - 庭瀬町と都窪郡撫川町が合併して都窪郡吉備町が発足。(4町25村)
  • 昭和25年(1950年)4月1日 - 箭田村が町制施行して箭田町となる。(5町24村)
  • 昭和26年(1951年)4月1日(5町21村)
    • 岡田村・川辺村が合併して大備村が発足。
    • 神在村・服部村が総社町に編入。
  • 昭和27年(1952年)4月1日(6町13村)
    • 日美村・富山村・下倉村・水内村が合併して昭和町が発足。
    • 二万村・大備村・薗村・箭田町・呉妹村が合併して真備町が発足。
  • 昭和29年(1954年
    • 3月1日 - 秦村が総社町に編入。(6町12村)
    • 3月31日 - 新本村・山田村・久代村・池田村・阿曽村・総社町が都窪郡常盤村と合併して総社市が発足。(5町7村)
  • 昭和30年(1955年
    • 1月1日 - 生石村・高松町が都窪郡加茂村と合併し、改めて高松町が発足。(5町6村)
    • 2月1日 - 大和村が上房郡上竹荘村・豊野村・下竹荘村・吉川村と合併して上房郡賀陽町が発足。(5町5村)
  • 昭和31年(1956年
    • 3月31日 - 足守町・大井村・日近村・岩田村・福谷村が合併し、改めて足守町が発足。(5町1村)
    • 4月1日 - 穂井田村が分割し、一部(陶及び大字服部の一部)が玉島市に、残部(服部の残部)が真備町にそれぞれ編入。(5町)
  • 昭和35年(1960年)4月1日 - 真金町が高松町に編入。(4町)
  • 昭和46年(1971年
    • 1月8日 - 高松町が岡山市に編入。(3町)
    • 5月1日 - 足守町が岡山市に編入。(2町)
  • 昭和47年(1972年4月22日 - 昭和町が総社市に編入。(1町)
  • 平成17年(2005年)8月1日 - 真備町が倉敷市に編入。同日吉備郡消滅。

変遷表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 足守地域および旧・都宇郡を除く高松地域

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 『吉備郡史. 巻上』 永山卯三郎、岡山県吉備郡教育会、1938年。NDLJP:1218664
  • 『吉備郡史. 巻中』 永山卯三郎、岡山県吉備郡教育会、1938年。NDLJP:1218699

関連項目[編集]


先代:
賀陽郡下道郡
行政区の変遷
1900年 - 2005年
次代:
加賀郡