吉岡宣男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
吉岡 宣男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 1943年
選手情報
ポジション 内野手外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

吉岡 宣男(よしおか のりお、1943年 - )は、日本の元アマチュア野球選手(内野手外野手)。

経歴・人物[編集]

山城高等学校では1961年夏の甲子園では一塁手、中継ぎ投手として、活躍したが、1回戦で岐阜商業高校に敗れた。

高校卒業後は、立命館大学に進学。二塁手として活躍する。関西六大学野球リーグでは3度優勝。1965年全日本大学野球選手権大会では、決勝でエース芝池博明を擁する専大に敗れ準優勝。大学同期に阪本敏三らがいる。

1965年のドラフト会議西鉄ライオンズに2位指名されたが、入団を拒否し、日本生命に入社した[1]。その後、主に右翼手として活躍し、第37回都市対抗野球大会から5年連続で出場した。1970年の全国社会人野球東京大会では、1回戦で先制ホームランを打つなどの活躍をし、当大会の優秀選手にも選ばれた[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 過去のドラフト 第1回(1965年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月22日閲覧。
  2. ^ 「日本社会人野球協会会報1970」日本社会人野球協会 1971年

関連項目[編集]