吉岡斉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉岡 斉(よしおか ひとし、1953年8月13日 - 2018年1月14日)は、日本科学史家、九州大学教授、東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会(政府事故調)委員[1]。専門は科学史・科学社会学[2]・科学技術政策[3]。理学修士[2]

富山県生まれ[1]東京教育大学附属駒場高等学校東京大学理学部物理学科卒業[3]、同大学院理学研究科科学史修士課程修了、村上陽一郎中山茂に学ぶ。1983年同理学系研究科科学史・科学基礎論専門課程博士課程単位取得退学[4]和歌山大学経済学部講師、同助教授を経て九州大学教養学部助教授、同比較社会文化研究院教授。この間、内閣府原子力委員会専門委員、経済産業省エネルギー調査会臨時委員などを歴任。

1995年毎日出版文化賞2000年エネルギーフォーラム賞特別賞受賞。

産業技術と倫理の関係について研究し科学社会学を構想している。

2018年1月14日午前8時過ぎ、肝神経内分泌腫瘍のため、福岡市の九州大病院で死去。64歳没。[5]

著書[編集]

  • 『テクノトピアをこえて 科学技術立国批判』社会評論社 1982
  • 『科学者は変わるか 科学と社会の思想史』社会思想社 1984
  • 『科学社会学の構想 ハイサイエンス批判』リブロポート 1986
  • 『科学革命の政治学 科学からみた現代史』中公新書 1987
  • 『科学文明の暴走過程』海鳴社(叢書:技術文明を考える)1991
  • 『原子力の社会史 その日本的展開』朝日選書 1999
  • 『脱原子力国家への道』岩波書店 叢書社会と震災 2012

共編著[編集]

  • 『戦後科学技術の社会史』中山茂共編著 朝日選書 1994
  • 『「通史」日本の科学技術』全5巻別巻 中山茂、後藤邦夫共編 学陽書房 1995-99
  • 『科学革命の現在史』中山茂共編 学陽書房 2002
  • 『「知の加工学」事始め 受容し、加工し、発信する日本の技法』松永典子,施光恒共編著 編集工房球 2011
  • 『原発と日本の未来-原子力は温暖化対策の切り札か』編 岩波ブックレット、2011 
  • 『「新通史」日本の科学技術 世紀転換期の社会史 1995年~2011年』全4巻・別巻 編 原書房 2011-12
  • 『技術システムの神話と現実 原子力から情報技術まで』名和小太郎共著 みすず書房 2015
  • 『原発 決めるのは誰か』寿楽浩太,宮台真司,杉田敦共著 岩波ブックレット 2015

翻訳[編集]

  • マイケル・ギボンズ、ビヨルン・ウィトロック『商品としての科学 開放的な学者共同体への脅威』白鳥紀一共監訳 吉岡書店 1991
  • ラングドン・ウィナー『鯨と原子炉 技術の限界を求めて』若松征男共訳 紀伊國屋書店 2000

出典[編集]

  1. ^ a b 柳茂嘉 【考・原発】九州大学副学長・吉岡斉氏インタビュー(1)~劣った技術を実用化した罪 ネットアイビーニュース 2012年5月 9日 12:30
  2. ^ a b 九州大学-研究者情報 吉岡 斉 (教授) 比較社会文化研究院 社会情報部門 データ更新日:2015.9.28
  3. ^ a b 『この人に聞く 市民科学と高木基金』 >> 吉岡 斉さん 取材日:2003年1月21日 聞き手:高木基金事務局 菅波 完
  4. ^ 九州大学広報14号(インタビュー)「原子力政策と大学の社会史」 聞き手:酒匂一郎
  5. ^ 九州大教授、吉岡斉氏が死去