吉岡昌仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
よしおか まさひと
吉岡 昌仁
生誕 1959年
死没 2016年1月14日(満56歳没)
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 アニメプロデューサー
活動期間 1984年 - 2015年
団体 トムス・エンタテインメント
テレビ番組魔法騎士レイアース
名探偵コナン
電波教師』他

吉岡 昌仁(よしおか まさひと、1959年[1] - 2016年1月14日[2])は、トムス・エンタテインメントに所属していた日本アニメプロデューサー。同社の元企画本部プロデューサーで、デジタルハリウッド大学客員教授[2]も務めた。愛称は「よっしー[1]

経歴[編集]

主にトムス・エンタテインメント(旧東京ムービー新社)制作の作品に携わり、『魔法騎士レイアース』以降はプロデューサーを担当。読売テレビ日本テレビ系列)やテレビ東京系アニメに関与することが多かった。

名探偵コナン』のチーフプロデューサーを放送開始当初から長らく務めていたが、2011年8月の制作会社の名義変更(東京ムービー→トムス・エンタテインメント)と同時に降板。その後2015年A-1 Pictures制作の『電波教師』でチーフプロデューサーを務めていたが、放送終了後の同年12月に肝臓病で入院し、翌年の1月14日に死去[1]。同年2月15日中野サンプラザにて「吉岡昌仁さんありがとうの会」が執り行われた[1]。また、同年4月に公開された劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』ではエンディングの終盤にて追悼の意味をこめて『In memory of 吉岡昌仁』というメッセージが表示される。

主な担当作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

  • 天外魔境 自来也おぼろ変(1990年、制作担当)
  • ウィザードリィ(1991年、制作担当)
  • からくりの君(2000年、プロデューサー)
  • 名探偵コナンシリーズ (プロデューサー→チーフプロデューサー)
    • 名探偵コナン コナンvsキッドvsヤイバ 宝刀争奪大決戦! (2000年)
    • 名探偵コナン 16人の容疑者 (2002年)
    • 名探偵コナン コナンと平次と消えた少年 (2003年)
    • 名探偵コナン コナンとキッドとクリスタル・マザー (2004年)
    • 名探偵コナン 標的は小五郎!! 少年探偵団マル秘調査 (2005年)
    • 名探偵コナン 消えたダイヤを追え! コナン・平次vsキッド! (2006年)
    • 名探偵コナン 阿笠からの挑戦状! 阿笠vsコナン&少年探偵団 (2007年)
    • 名探偵コナン 工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件 (2008年)
    • 名探偵コナン 女子高生探偵 鈴木園子の事件簿 (2008年)
    • 名探偵コナン 新一と蘭・麻雀牌と七夕の思い出 (2009年)
    • 名探偵コナン 10年後の異邦人 (2009年)
    • 名探偵コナン 大阪お好み焼きオデッセイ (2010年)
    • 名探偵コナン KID in TRAP ISLAND (2010年)
    • 名探偵コナン 新潟〜東京 おみやげ狂騒曲 (2011年)
    • 名探偵コナン ロンドンからの秘指令 (2011年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 諏訪道彦 (2016年2月18日). “グッバイよっしー”. スワッチのアニメ日記. 讀賣テレビ放送. 2016年2月23日閲覧。
  2. ^ a b “訃報:吉岡昌仁客員教授” (プレスリリース), デジタルハリウッド大学, (2016年1月29日), http://www.dhw.ac.jp/news/fuhou20160129/ 2016年1月30日閲覧。