吉崎修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉崎 修(よしざき おさむ、1964年8月6日 - )は、山口県出身の元陸上競技選手

略歴[編集]

1964年8月6日生まれ。岡山市出身。 岡山市立操山中学校-関西高等学校普通科-中央大学商学部経営学科卒業。

専門は陸上競技の長距離種目。 関西高校では、高1の国体予選3000m2位入賞。高2で中国大会1500m/5000m出場。高3では、中国大会5000m7位。島根「「くにびき国体」は予選落ち。 高校時代のベストタイムは5000m14分52秒8、10000m31分36秒。

中央大学進学後は箱根駅伝で活躍。1年次からレギュラーとして、4年連続出場。1、2、3年時は山下りの6区。4年次は3区。3、4年時は2年連続区間賞を獲得。 また、4年次には関東インカレ10000mで2位。全日本インカレ10000mで3位入賞。岡山県記録では、大学3年で5000m、大学4年では5000m、10000m、30kmロードで県記録をマーク。

大学卒業後は、各実業団チームからのオファーがあったが、地元岡山の岡山放送に入社。業務の傍ら競技を続け、入社1年目に20kmロードの岡山県新記録。 2年目にハーフマラソンで岡山県新記録。その後1500mでも岡山県新記録をマークするなど、6種目に於いて、岡山県記録を更新。 平成元年には岡山県陸上競技選手権で、1500m、5000m、10000mの3冠を達成。 長距離種目での3冠王は未だ、彼1人のみである。また、6種目に於いての県記録樹立も全種目において最多記録である。

28歳で広島県福山市の日本鋼管競走部に移籍。ニューイヤー駅伝に5年連続出場。 フルマラソンのベスト記録はびわ湖毎日マラソンでマークした2時間16分18秒。

ベスト記録[編集]

  • 1500m - 3分47秒9(当時の岡山県記録)
  • 5000m - 14分10秒9(当時の岡山県記録)
  • 10000m - 29分23秒65(当時の岡山県記録)
  • 20キロロード - 1時間00分42秒(当時の岡山県記録)
  • ハーフマラソン - 1時間4分41秒
  • 30キロロード - 1時間36分05秒(当時の岡山県記録)
  • フルマラソン - 2時間16分18秒。