吉崎達彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉崎 達彦(よしざき たつひこ、1960年10月8日 - )は、日本エコノミスト双日総合研究所取締役副所長を経て、同チーフエコノミスト。かんべえの名前で親しまれ、米国などを中心とする国際問題研究家でもある。

略歴[編集]

富山県富山市生まれ[1]県立富山中部高等学校を経て[2]、一年の浪人生活ののち、1984年一橋大学社会学部を卒業し、総合商社日商岩井(現双日)に入社[3]。同社調査・環境部、『トレードピア』編集長を経て、1991年からブルッキングス研究所客員研究員[4]

1993年から速水優代表幹事の秘書として経済同友会調査役に出向[5]。速水優代表幹事退任に伴い、1995年から日商岩井調査・環境部に戻り、日商岩井総合研究所調査グループ主任エコノミストなどを経て現職[6]。社団法人世界経済研究協会常任理事、NPO法人岡崎研究所理事・特別研究員、NPO法人ミレニアムプロミスジャパン理事なども務める。

政治外交・経済両側面にわたる調査・評論を行なっている。また、「かんべえ」のハンドルネームで、ホームページ「溜池通信」を主催。同名のニューズレターを発信している。かんべえの名のとおり、戦国武将黒田孝高(官兵衛・如水)を尊敬しており、研究している。

2013年フジサンケイグループ第14回正論新風賞受賞[7]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『アメリカの論理』(新潮新書、2003年) ISBN 4-10-610007-X
  • 『1985年』(新潮新書、2005年) ISBN 4-10-610130-0
  • 『オバマは世界を救えるか』(新潮社、2009年)
  • 『溜池通信発 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社、2010年)
  • 『気づいたら先頭に立っていた日本経済』(新潮新書、2016年)

共著[編集]

  • 外交政策決定要因研究会 編『日本の外交政策決定要因』(PHP研究所、1999年) ISBN 4-569-60346-7
  • 『ナイーブな「帝国」アメリカの虚実』(ビジネス社、2003年) ISBN 4-8284-1084-8  古森義久との共著
  • 『世界経済 連鎖する危機―「金融危機」「世界同時不況」の行方を読む』東洋経済新報社、2009年、中島厚志、塚崎公義との共著

TV・ラジオ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]ひろぎん経済研究所
  2. ^ 「マ ネ ー 界 の 怪 人 た ち」講談社
  3. ^ 「第8回一橋大学中部アカデミア シンポジウム「グローバリズムとナショナリズム -BREXIT、トランプ政権、そしてEUの運命は-」を開催しました。」国立大学法人 一橋大学
  4. ^ 「吉崎 達彦(よしざき たつひこ)氏」マネースクウェア・ジャパン
  5. ^ 「日 本 経 済 の 展 望」東京商工会議所
  6. ^ 「第3回 今後世界はどうなっていくのか?その中でエネルギーは? その1」
  7. ^ 「葛西氏に「正論大賞」贈呈式 新風賞の吉崎氏、特別賞「国民の憲法」起草委メンバーも 安倍首相も祝福」