吉川一義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吉川 一義(よしかわ かずよし、1948年1月31日 - )は、日本のフランス文学者、京都大学名誉教授。

大阪市生まれ[1]大阪府立高津高等学校を経て、1970年東京大学文学部仏文科卒、1972年同大学院人文科学研究科修士課程修了、1977年同博士課程単位取得満期退学、ソルボンヌ大学博士号取得。東京都立大学教授を経て京大文学部仏文科教授、同文学研究科教授、2013年に定年退任し名誉教授。日本フランス語フランス文学会会長を務めた。

プルーストと美術の関係を専門とする。2009年より日本フランス語フランス文学会会長。2010年に、フランス政府から芸術文化勲章(オフィシエ級)を受章、アカデミー・フランセーズ(フランス学士院)より、学術大賞の一つ「フランス語フランス文学顕揚賞」(1960年設立)を受賞した。2011年『プルーストと絵画芸術』で仏本国のカブール=バルベック・プルースト文学サークル文学賞受賞。2012年春に、日本学士院賞恩賜賞を受賞[1]

この数年は、マルセル・プルースト失われた時を求めて』の個人全訳に取り組んでいる。

著書[編集]

  • 『プルースト美術館 『失われた時を求めて』の画家たち』筑摩書房 1998年
  • 『プルーストの世界を読む』岩波書店〈岩波セミナーブックス〉 2004年、新装版〈岩波人文書セレクション〉 2014年
  • 『プルースト「スワンの恋」を読む』白水社、2004年。作品解説と抜粋対訳
  • 『プルーストと絵画 レンブラント受容からエルスチール創造へ』岩波書店 2008年
    • フランス語版 「プルーストと絵画芸術」、2010年1月

編著・共著[編集]

  • フランス現代作家と絵画 (岑村傑と) 水声社、2009年
  • プルーストと身体-『失われた時を求めて』における病・性愛・飛翔 (吉田城の遺稿を編著) 白水社、2008年 
  • 文学作品が生まれるとき-生成のフランス文学 (田口紀子共編) 京都大学学術出版会、2010年

翻訳[編集]

  • グレコ トレドの秘密 モーリス・バレス筑摩書房 1996年
  • 評伝プルースト ジャン=イヴ・タディエ、筑摩書房(上下) 2001年
  • 文学をめぐる理論と常識 アントワーヌ・コンパニョン 中地義和共訳、岩波書店 2007年
  • 失われた時を求めて マルセル・プルースト、岩波文庫(全14巻予定) 2010年11月[2]-

参照[編集]

  1. ^ a b 日本学士院賞授賞の決定について
  2. ^ 2018年12月に13巻目刊行